宅配弁当事業における、最適な販促とは。 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/6/25

宅配弁当事業における、最適な販促とは。

株式会社船井総合研究所  迫田 和仁

宅配弁当事業における、最適な販促とは。

皆様
船井総研の迫田です。
 
本日は、弁当宅配事業における
販促の種類とそれぞれの目的についてご紹介させて頂きます。
 
まず販促の種類についてですが、
大きく分けて
■紙媒体での販促
■WEB媒体での販促
■営業での販促
と3つに分けられます。
 
それぞれで、ターゲットと目的を理解し行うことで
費用・時間のコストに対する成果を最大化することが可能になります。
 
ターゲットと目的とは、、、
 
ターゲットと目的の表
 
紙販促は費用がかかるため
個人繁忙期のタイミングに異常値つくりを目的に行うのに対して
WEB販促は、
お客様が宅配弁当を求めている人にアプローチできる販促であるため繁忙期・閑散期、関係なくベース売上つくりが目的となります。
 
営業は、時間というコストがかかってしまうため、
大口の注文を頂いた企業や利用サイクルのはやい企業など
VIP顧客を設定しそのVIP企業を中心に営業活動を行います。
 
このように販促のターゲットと目的を
それぞれ理解することで費用対効果の高い販促を
行うことが可能になります。
 
是非、皆様も今一度過去の販促を見直してみてください。

担当者
迫田 和仁

大学卒業後、株式会社船井総合研究所へ入社
呉服店のコンサルティングを経験した後、中食を中心とした、飲食業界のコンサルティングに従事。Ji時流適応・競合状況・それぞれの企業様に合わせたWEBマーケティングを得意とする。
中でもホームページの活性化・Web広告・SNS活用を強化し業績向上に努めている。

記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート