残席わずか。日本一の観光スイーツ市場湯布院・別府を巡る2日間 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2018/6/15

残席わずか。日本一の観光スイーツ市場湯布院・別府を巡る2日間

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー 上席コンサルタント 花岡 良輔

残席わずか。日本一の観光スイーツ市場湯布院・別府を巡る2日間

7月4・5日に開催する船井総研スイーツビジネス研究会の大人気コンテンツ、繁盛店視察ツアーについて、今年の見どころをご紹介します。
1.日本一競争の激しい湯布院エリア。各社の差別化、独自化戦略を学ぶ
入込客数が年間400万人の湯布院。
湯布院には、プリン、チーズケーキ、ロールケーキ・・などの単品スイーツ専門店が数多く存在します。
全国の観光スイーツを調査している船井総研でもこの湯布院エリアは競争が激しく、また各社がしのぎを削りながら独自の差別化戦略を行っているエリアと認識しています。
今回の主な視察先と見どころは以下の通りです。

① 単品年間2億円を販売するロールケーキ専門店「Bspeak」

旅館業の経営からスイーツ事業へ参入し約10坪の店舗で2億円を販売。スイーツ専門店の他、カフェ・飲食、美術館など複合的に展開し湯布院の観光価値を高める注目企業。

② 行列のできるチーズケーキ専門店「由布院 ミルヒ」

湯布院牛乳100%を使用し焼き立てのケーゼクーヘン(チーズケーキ)を実演販売するチーズケーキ専門店「由布院ミルヒ」。本業は土産卸が運営する実演販売付きの単品スイーツ専門店。2016年にタイ・バンコクに出店するなど注目の企業。

③ 動画再生数450万回「遊べる温泉」をテーマとする「別府市」の観光戦略

熊本地震の影響で観光客が減少した別府市。「無暗なディスカウントではなくて、別府に誇りを持って良さを伝えていくこと」をテーマに別府の観光地としての魅力づくりに取り組む。クラウドファンディングやふるさと納税で全国から約8000万円の資金を調達し、3日間で計9000人が来園し経済波及効果1億8500万円のイベント「湯~園地」を開催するなど注目の自治体。

更に、視察ツアーでは、湯布院・別府エリアのスイーツ専門店を視察してまわるとともに、船井総研コンサルタントによる視察先の解説とこれからの観光菓子マーケット攻略のためのセミナーを開催致します。

今回の視察ツアーのテーマは「狭属性一番化」です。

マーケットが縮小している今、企業にとって大切なかじ取りは、事業領域を絞り込み、絞り込んだ分野で圧倒的な一番となり、収益性を高めることです。

今回の視察先は、単品に絞り込んだ業態をエリア限定で展開することで、圧倒的なシェアの獲得と収益を生み出しています。

これからの菓子店経営・観光ビジネスに必要な視点であることから本テーマを設定致しました。

人気の繁盛店視察ツアーの詳細は下記のとおりです。
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/032252.html

スィーツビジネス研究会・観光スィーツ分科会の会員の皆様は会費充当にて1名様無料でご参加いただけます。

残席残りわずかです。
ご参加希望の方はお早めのお申込みをお薦め致します。
担当者
グループマネージャー 上席コンサルタント
花岡 良輔

船井総研食品グループを統括するマネジャー。食品製造業、卸・商社・小売を「つなぐ」コンサルティングスタイルを展開すべく、2014年にそれまでバラバラに活動していた食品部門のコンサルティングメンバーを集約。船井流ヒット商品開発法を完全ルール化。数々のヒット商 品を世に送り出している。食品産業新聞社「中小食品メーカーのブランド化戦略」執筆中。著書に中小食品メーカーのブランド化戦略、船井流販促大全など

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート