自社商品へ興味のある会社探しに有効なツールとは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/6/11

自社商品へ興味のある会社探しに有効なツールとは?

株式会社船井総合研究所  宮崎 亜沙美

自社商品へ興味のある会社探しに有効なツールとは?

こんにちは。シニアフードチームの宮崎です。
 
本日は顧客を効率的に伸ばす方法をお伝え致します。
 
 
新しい顧客と接点を持ち、
新規顧客を獲得していくために必要なこととして
 
リーチ顧客数の最大化×ターゲティング精度×販促手法
 
この3つが鍵となってきます。
 
1つは自社商圏内での顧客数のポテンシャルの中で、
リーチできる顧客数を最大化すること
 
そしてその顧客へより安く、より効率的に
アプローチする方法を模索することは非常に重要です。
 
 
この2つは勿論重要ですが、本日は
顧客のターゲティング精度を上げる方法をお伝えいたします。

ターゲティングとは

自社のサービスを提供する市場や顧客を設定することであり、

ターゲティング精度を上げるというのは
販売促進をより定めたターゲットに対して訴求できる
確率を上げていく、ということです。

自社商圏の中でニーズを感じるであろう顧客に対して
訴求できているかは非常に重要です。

特に対個人を相手にするBtoC事業と比べて
対企業相手、BtoB事業は
ターゲティングが非常に難しいと言われています。

BtoB事業について

ターゲティング精度を上げるために是非活用頂きたいのが
WEBサイトのアクセスログ解析ツールです。

簡単に申し上げると、
自社の製品やサービスを紹介しているHPへ
訪問した企業が一目瞭然というものでございます。

自社のHPにアクセスしている=自社商品に興味がある
企業となります。

このツールを使えば、自社サービスに興味のある会社の
リスト化が可能です。
この企業へDMやテレアポを行うことでより精度高く
顧客に訴求することができます。


月1万円程度から導入できるものになりますので、
皆様も是非ご活用されてはいかがでしょうか?
担当者
宮崎 亜沙美

大学卒業後、船井総合研究所へ新卒で入社。入社後は給食業における工場生産性向上のための現場調査や、社員食堂事業活性化へ向けた協業体制の構築等、徹底した現場主義をモットーに多くの実績をあげている。また、シニア向けフードビジネスにおける個人宅向け配食の販売促進では、女性ならではの視点を取り入れたチラシづくりや、WEBを連動させたマーケティングに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート