地方の醸造業は近くの観光地に出て儲けましょう! | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

農業
食品
2018/6/04

地方の醸造業は近くの観光地に出て儲けましょう!

株式会社船井総合研究所  薄田 陽

地方の醸造業は近くの観光地に出て儲けましょう!

いつもメルマガをお読みいただきまして、
ありがとうございます。
メーカー・フードマーケティングチームにて
食品メーカーのコンサルティングを行っております
薄田(すすきだ)です。
 
今回は、観光地に出店し、
売上を着実に伸ばし成長されている企業様の
成功事例をお伝え致します。
 
今回ご紹介する企業様は、
歴史ある長野県の味噌蔵で、もともとは卸販売が
100%の味噌蔵でした。
 
しかし直売店・通信販売を展開し、中でも直売店を
観光地である善光寺に出店したことで売上を上げる
とともに、高利益率を出せる事業形態に
変化してきました。
 
今回のメルマガでは、
こちらの企業が観光立地に出店し継続的に業績を
上げた成功ストーリーをご紹介します。
 
 
<今すぐ詳細を知りたい方はこちらから>
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/032188.html
 
 
確実に減少していく既存事業の売上
総務省が毎年まとめている1世帯あたりの味噌の
年間支出額は年々減少しており、
2009年2,145円だった数値が、
最新の2016年の数値で1,758円に下がったという
データが出ております。
 
味噌の販売だけでは確実に落ちていく既存事業の
売上を「なんとかしなければ」との想いから、
会社の成長につながる動きが始まりました。
 
 
─────────────────────────
◆「“味噌屋”から”みそサービス産業”へ」
─────────────────────────
 
創業明治35年、長野県長野市で長きにわたり味噌を
造り続けてきた中で、初めに行われたのは新店舗の
開業でした。
 
新店舗の開業後、飲食事業の付加、通信販売の開始、
みそソフトクリームの販売開始と直売事業の強化が
行われました。
 
更に長野県の観光地としても人気のある善光寺への
出店がそれらの直売事業を加速させることに
繋がりました。
 
 
─────────────────────────
◆観光地出店のきっかけ
─────────────────────────
 
長野市には善光寺を中心に600万人の観光客が訪れます。
 
善光寺オープンのきっかけはシンプルに
「集客ができている場所で商売をすれば、
大事な要素である集客に頭を悩ませることは
なくなるのではないか」と思ったことが
きっかけでした。
 
 
─────────────────────────
◆観光地出店後の結果
─────────────────────────
 
観光地に出店した店舗は、景気とは関係なく
20年経過しても衰えておらずオープン年から
20年以上黒字、売上4,000万円、営業利益14%を
維持し、今でも会社を引っ張る事業となっております。
 
それだけでなくメディア露出の機会も増え、
認知度も上がり、結果として会社全体の事業を
盛り上げることにもつながっております。
 
今回こちらの企業様によるセミナーを開催することが
決定いたしました。
 
セミナーの中では観光地出店のポイント・成功事例を
織り交ぜてお話していただきます。
 
売上減少に悩まれる企業様が抱える問題を解決する
大きなヒントになるかと思います。
 
是非お申込みください。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
<酢屋亀本店の醸造観光参入セミナーが
7月4日(水)に開催決定!>
 
この度、有限会社酢屋亀本店の
代表取締役 青木茂人様をお招きし、7月4日(水)
船井総研の東京丸の内でセミナーの開催が
決定いたしました。
 
先着50名様限定のセミナーとなっていますので、
お早目のお申込みを以下から宜しくお願い申し上げます。
 
 
<セミナーの詳細はこちらから>
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/032188.html
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

担当者
薄田 陽

熊本県出身。株式会社船井総合研究所に入社後は、飲食・中古リユース業のコンサルを経て、食品業界のコンサルティングに従事している。中でもWEBマーケティングに強みを持ち、日々業績向上に努める。地域密着の企業様のコンサルティングを行い、地方活性を目指している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート