労務環境改善のために事前調理の導入を | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/5/29

労務環境改善のために事前調理の導入を

株式会社船井総合研究所  柳生 紘輝

労務環境改善のために事前調理の導入を

採用ができない、労務環境が悪化する
社員がやめていく。。
 
 
ここ最近このような声を耳にすることが
非常に多くなりました。
 
 
どう考えてもこれから採用難の状況が
劇的に改善する可能性は限りなく0に近いでしょう。

 
 
そのためには人手不足に対応していくことが重要です
特に仕出し業において労務環境の悪化の原因は
葬儀関連の注文などのイレギュラーな注文にあることが多々あります。
 
 
急にはいった注文に対応するために
深夜・早朝に調理をするといった状況は
皆様の会社でもあるのではないでしょうか?
 
 
そういった状況を打破するためにご紹介したいのが
当日調理の割合を減らし、
事前調理を増やしていくことです。
 
 
真空調理を導入し
仕込みなどの調理は閑散期にまとめて行い
繁忙期は盛付のみに注力する。
 
 
仕出し業では閑散期・繁忙期の差が大きく
繁忙期は忙しいが、閑散期は時間に余裕がある
というケースが多々あります。
 
 
事前調理を導入することで
閑散期の余剰時間を使うことが可能になり
労務環境の改善が可能になります。
 
 
今回のコラムでは
ごく簡単なご紹介なりましたが
実際に事前調理の導入、厨房業務改善に取り組まれ
たった1年で営業利益額を1,922万円伸ばされた
有限会社 雅叙苑の伊東社長にご講演頂くことが決定致しました。
 
 
・デリバリーなんて、忙しいだけで儲からないと思っている方
・高級弁当マーケットで、新たな収益の柱を作りたい方
・週休2日制導入や賞与支給など、抜本的な労務環境改善に取り組みたい方
・人手、労働時間を増やさずに、売上・粗利を伸ばしたい方
・厨房の生産性アップに向けた具体的な手法を学びたい方
・収益性の高い宅配CK・専門店の構築を検討している方
 
 
上記のようなお悩みをお持ちの方は
是非一度下記ページをご確認くださいませ。
 
 
詳細はこちら(http://www.funaisoken.co.jp/food/funai-food-business/031594_lp.html

担当者
柳生 紘輝

入社以来、一貫して宅配・ケータリング業界を中心とした
フードビジネスのコンサルティングを経験。
現場主義をモットーとし、SEO対策やPPC広告の代行業から
HP構成企画まで戦闘レベルでの豊富な経験を活かした
WEBマーケティングでの即時業績UPに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート