営業利益30%を達成する高収益型スイーツ店の最新事例 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2018/5/23

営業利益30%を達成する高収益型スイーツ店の最新事例

株式会社船井総合研究所  川村 諒志

営業利益30%を達成する高収益型スイーツ店の最新事例

2017年4月にOPENしたチーズケーキ専門店“Kingberry あまおうチーズケーキファクトリー”、OPEN直後から多数のメディアでも話題のお店です。
 
ただ特筆すべきは元々土産卸という異業種からの参入で、素人だけでスイーツ店を運営しながら、営業利益率30%超、投資回収でも1年以内という通常の菓子店の出店では考えられないびっくり事例です。
 
今回のメルマガでは、こちらの30%の営業利益率を達成した成功ストーリーをダイジェスト版で紹介します。

約1600万円の小投資で店舗を出店



工房は約3坪、売り場が約7坪、販売スペースが約3坪という非常にスモールな出店にすることで、投資を限りなく抑えて出店しています。


単品特化の専門店で営業利益30%を実現



Kingberryあまおうチーズケーキファクトリーはチーズケーキ専門店で、ソフトクリームを合わせても商品アイテム数は4種しか販売していません。そのため人件費を安く運営することが可能になり、人件費率20%以下を実現しています。
また、専門店とすることで、高単価での販売が可能になり、しっかりと素材にこだわりつつも原価率を30%程度に抑えることもできています。そのため一切、味の妥協はしていないのにも関わらず、営業利益が30%も残る高収益業態が実現しています。


小投資、高収益化で投資回収は約10ヶ月



店舗出店の投資を約1600万円に抑え、営業利益率でも約30%残る事業展開のため、なんと投資回収も約10ヶ月という早さを可能にしています。


Kingberryあまおうチーズケーキファクトリーの
成功の秘訣大公開セミナーが6月25日(月)に開催決定!



この度、大邦物産株式会社の常務取締役 中西宣仁様をお招きし、6月25日(月)船井総研の東京五反田でセミナーの開催が決定いたしました。

実は、このセミナーは以前開催した際に大好評につき、第二回目となります。

先着50名様限定のセミナーとなっていますので、お早目のお申込みを以下から宜しくお願い申し上げます。

http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/034038_lp.html


担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート