地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
一次産業
食品
2018/4/17

地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?

株式会社船井総合研究所  小林 駿介

地元イベントはSNSで集客せよ!経営者が知っておくべきSNS活用とは!?

ご覧いただきましてありがとうございます。
フードSPAGの小林駿介です。
 
今年もあっという間に4月。
各社の直売店では蔵祭りや工場祭、GWイベントと地元のお客様に喜んでもらうイベントを多数行なっているかと思います。
 
今年も過去最高の集客が出来ている会社がたくさんありまして、その集客施策の結果分析が出て来ております。
 
今年の集客施策には明らかに去年と違う傾向が見られます。
 
それは
圧倒的な省人化WEBシフトの集客です。
 
これまで1番効果があるのは間違いなくチラシでした。
手配りでしたら、反響率で3~5%、高いと8%にもなるチラシですので、1000枚配布すると約500人の集客につながります。
 
しかし、今どの企業でも人材は不足し手間がかかる手配りチラシなどに多くの工数がかけられなくなってきている現状があります。
 
そんな中、最近のイベントで近年最高の集客を誇った会社様では
手間のかからないWEB集客に初めて取り掛かりました。
 
やったことはシンプルに3つ
1.自社HPでイベントの告知
2.SNSを更新
3.SNS広告
 
これを最適なタイミングで工数をかけずに行いました。
 
すると集客の7~8%がSNSを見て来場した!
という結果が出たのです。
 
しかもそのほとんどがチラシでは中々訴求しづらい商圏を少し離れた新規のお客様でした。
 
まだ、イベントの集客などでは
脱チラシ!
とは言えないでしょう。1番効果があるのは手配りするチラシであったり折り込みチラシです。
ただ明らかにWEBが遅れていると思われる地方でもWEBシフトが進んで来ています。
 
これを私達は
集客を省人化するチャンスだ
と捉えています。
 
この機会にぜひ一度取り組みを進めて見てください。
 
今月末に行われます食品経営研究会ではWEB集客について、お話させていただきますのでご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
 
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
 

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
小林 駿介

新卒で船井総合研究所に入社後、IT・メディアグループにてWEB構築・セキュリティなどの仕事にたずさわる。現在はフードビジネス支援部
にて主に食品メーカーのコンサルティングに携わり、月に20日以上日本各地を巡っている。
すぐに結果が出るWEBや紙媒体での販促提案はもちろん、見込み客の創出を行う経営者に寄り添った提案を強みとしている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート