※飲食店事例紹介!【飲食店向け評価制度のつくりかた~後編~】 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

人材
外食
2018/4/17

※飲食店事例紹介!【飲食店向け評価制度のつくりかた~後編~】

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/チーフ経営コンサルタント 大山 優

※飲食店事例紹介!【飲食店向け評価制度のつくりかた~後編~】

皆さまこんにちは。

飲食店マネジメントコンサルタントの大山優です。

前回に引き続き【飲食店向け評価制度のつくり方】を解説させて頂きます。

※「飲食店向け評価制度のつくり方~前編~」は下記よりご覧ください。

https://funai-food-business.com/column/4161/?type=biz-eat_out

 

おさらいですが「飲食店向け人事評価制度」のポイントはたった3つです。

①キャリアプラン

②賃金の考え方

③求める成果

 

今回は【③求める成果】の「Manager階層」に求める成果を解説していきます。

 

■Player(一般・主任)・・・生産性 ※戦闘レベル

■Playing Manager(副店長・店長・料理長)・・・業績 ※戦術レベル

■Manager(マネージャー・SV・商品開発部長)・・・事業戦略の達成度 ※戦略レベル

 

飲食店経営では大きく分けると上記のように3階層に分けられます。

戦略部分を担うManager階層には事業戦略の達成度を「求める成果」にするのですが、前回お話しした

人材・顧客・商品・販促・数値

の5項目でKPIを設定していきます。

人材・・・定着率、労働分配率、従業員の公休取得数、年間採用コストなど

顧客・・・目標会員数、アンケート結果(点数化したもの)、ミステリーショッパーの点数など

商品・・・商品開発スケジュール達成度、原価率、ロス率など

販促・・・販促スケジュールの達成率、費用対効果、反響率など

数値・・・売上予算、利益予算など

上記のように経営計画と紐づいたKPIを設定していきます。

運用過程では少なくとも四半期に1回の進捗確認をして実績値とのギャップを埋めていくのですが、このように評価制度を構築・運用し成功されている会社様があります。

この会社様は人材マネジメントに注力し既存店の売上は3000万円UP、利益も1400万円UP、さらに全社員の公休数は6日から9日へ改善できております。

ぜひ、ご興味のある方は下記URLから成功事例をご覧くださいませ。

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/030192.html

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
大山 優

大学卒業後、レストラン、カフェ、バーを全国に展開する東京の企業に入社。 店舗業務から携わり、店長・マネジャー・SVを経て最年少で執行役員店舗統括MGとして約300名のマネジメントに携わる。また、兼任でグループ会社の代表取締役も務めあげ、任期終了後、現場上がりの経営者として培ったノウハウを飲食業界に発信したいという思いからコンサルタントへ転身。 船井総研入社後は、経営と現場での広い知識と経験を基にマネジメント領域の支援で活躍。 人事評価制度の構築、採用、業務改善などの支援を得意とする。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート