弁当宅配事業における配送業務の改善事例 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/4/09

弁当宅配事業における配送業務の改善事例

株式会社船井総合研究所  迫田 和仁

弁当宅配事業における配送業務の改善事例

こんにちは。
船井総研の迫田です。
 
本日は宅配弁当事業における配送業務の改善についてお話しします。
 
そもそも
宅配弁当事業の業務フローとは
①問い合わせ対応
②製造
③配送
となっている中、この配送をいかに効率よく行えるかが
人時生産性にも繋がってきます。
 
配送業務改善のPOINT
・1台あたりの配送件数を増やす。
配送にまわせる車が決まっている中で、1度の配送で何件お届けできるかが配送効率を左右します。
そのために、お届け時間の幅を頂くことが必要となります。
30分幅から繁忙期の時期だと1時間の幅を頂いているケースもあります。
 
・そもそも配送をしない
こちらから配送するのではなく、店頭まで取りに頂くということです。
実はお客様の中で配送・店頭受け渡しどちらでもいいと思っている方は意外と少なくありません。
そんな中で店頭の受け渡しに誘導できるかは、店頭受け渡しが可能であることの周知です。
周知の手段としては、HPの掲載と問い合わせ対応時に
『配送と店頭受取どちらがご希望ですか』とヒアリングすること。
 
このような周知により
ある企業様は現在、店頭受け渡し比率が50%を超えています。
 
繁忙期において、製造業務はまわせるが配送業務がまわらなくなる。
そこで今一度配送業務の見直しが必要となってくるかも知れません。

担当者
迫田 和仁

大学卒業後、株式会社船井総合研究所へ入社
呉服店のコンサルティングを経験した後、中食を中心とした、飲食業界のコンサルティングに従事。Ji時流適応・競合状況・それぞれの企業様に合わせたWEBマーケティングを得意とする。
中でもホームページの活性化・Web広告・SNS活用を強化し業績向上に努めている。

記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート