展示会でより多くのお客さまと接点を持つには | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/3/30

展示会でより多くのお客さまと接点を持つには

株式会社船井総合研究所  橋田 佳奈

展示会でより多くのお客さまと接点を持つには

先日お客様が出展された福祉関連の展示会に伺いました。
 

展示会の目的と言えば
①会社のサービスを広く知っていただくこと
②顧客名簿につながる名刺交換
があげられるかと思います。

 

① ②、いずれを達成するにしても「より多くのお客さまとの接点」が欠かせません。
先日お伺いした企業様は介護施設向けのパック給食をご紹介されましたが、接点のきっかけとしては製造に使用している「出汁」の試飲をご用意されていらっしゃいました。
「介護のお食事」というとお年寄りや介護サービス関係の方が対象に感じられますが、「出汁」を配布することによって小さなお子様からお年寄りまで、男女問わず幅広い年代の方に喜ばれており、大盛況でした。
出汁できっかけを作り、サービスの説明にスムーズに移行。
多くの方にとって身近でなかった「介護のお食事」のイメージをがらりと変えられた瞬間ではないのかなと思います。
 

また運営のポイントとしては
 

①こちらから積極的にお声掛けすること
②人が少ない時間帯も立って接客すること
があげられます。
 

小さなことに感じられるかもしれませんが、この2つは1日の集客数の大きな差となります。
 

展示会にいらっしゃる方は新しい情報を得たい、と思っていらっしゃる方が多いので、こちらがきっかけ作りをしっかりと行えば、新たなチャンスはたくさんあります。
 

実際に、この取り組みを徹底できたことによって全ブースのうち最もお客様がいらっしゃったとのことです。
 

より多くの方との接点をもてるよう、展示会に出展される際にご参考になれば幸いです。

担当者
橋田 佳奈

大学卒業後、船井総合研究所に新卒で入社。入社後は経営改革事業部にて中堅大手の新規事業企画プロジェクトにアサインし、主にリサーチ業務を担当。リサーチにおける経験や実績を積み、事業別でも幅広い視点持つことでフレーム作りから実弾レベルの販促ノウハウにまで落とし込むことを得意としている。給食業界では自らの足で現場を見ることで答えを導き出すことを信念に、クライアントの業績アップに貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート