今注目されている高利益率フードデリバリー業態とは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/3/23

今注目されている高利益率フードデリバリー業態とは?

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント 堀部 太一

今注目されている高利益率フードデリバリー業態とは?

成長期であるフードデリバリー市場。
 
数年前から大手の参入が加速するとは本コラムでも
書かせて頂いていましたが、
昨年からそれがいよいよ加速してきましたね。
 
その一番の要因は「配送を代行できる」仕組みが整った事です。
楽天さんの楽天プレミアム。
UberさんのUberEATS。
 
など、配送プラットフォーム(兼受注)が出来た事で、
手数料を払うだけで簡単に付加売上を作れるようになりました。
 
その中で、どう差別化していくのか?が大切になる訳ですが、
フードデリバリーにおいて生産性を高めていくには、
「1件辺り平均単価」は非常に大切になります。
 
例えばこれが個人向けだと「1,000円台」の注文が普通にあるわけです。
 
もちろん配送料別途なら成り立つとはいえ、
配送人件費が1,500円を超えてきた今、
上記価格を高効率で複数回るのにも限界があります。
 
その為、「1件辺り平均単価」の最大化を実現する
フードデリバリー事業の構築が大切になります。
 
それがやはり、「企業向けの会議弁当」市場になります。
 
メリットとしては、
・1件辺り配送金額が高い
・注文が予約型
・商品がばらけない
 
この辺りがあります。
 
反面デメリットとしては「新規開拓」になる訳ですが、
この辺りは競合を包み込んだ商品MDとし、
その上でWEBマーケティングを基軸に進めば売れてきます。
 
この辺りは成長期ですのでクリア出来ると思いますが、
やはり前段の発想としては「誰にとって良いサービスか?」
を考える事になります。
 
企業向け弁当とは言えども、
・発注者は誰か?(その人の悩みは何か?)
・それを解決する商品はどのようなものか?
 
ここをしっかりと考えていきたいですね。
また、この辺りを深堀している経営者勉強会として
宅配・ケータリング研究会もございます。
http://funai-food-business.com/biz-delivery/study/
 
現在、60人以上の経営者さんに参加頂いている勉強会ですので、
是非初回無料特典を活用して、
雰囲気でも見て頂ければと思います。
http://funai-food-business.com/biz-delivery/study/

担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート