企業戦略としてのオフィス立地出店 ~土日休みという外食における最大の採用力~ | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/3/20

企業戦略としてのオフィス立地出店 ~土日休みという外食における最大の採用力~

株式会社船井総合研究所 チームリーダー/マーケティングコンサルタント 渡邊 晃貴

外食市場において人材をとりまく環境は常に変化し、特に採用に関しては二極化が進んでいると言えます。
採用に関しては企業のあり方や理念なども影響しますが、やはり業態による選択も少なくはありません。

 
採用ができないからと言って、今経営されているお店の業態をすべて変える訳にはいきませんが、
企業戦略として採用しやすい業態の開発・新規出店を積極的に行っている傾向は年々強くなってきています。

 
しかし、なかなか新規業態へのチャレンジができないということもあるでしょう。
それであれば雇用形態において今のニーズにあった差別化を図ることも重要になってきます。
特に休みに関して、「飲食は土日休めない」というイメージが強く、業態問わず抱える問題です。
そこで今後の成長戦略として、あえてオフィス街への出店をしていくという考え方も注目です。

 
オフィス街には以下の特徴があります。

 
1.競合が比較的少ない
⇒昔からの老舗が意外と多く、同業態の競合が少ない
2.明確に食事動機がとれる
⇒昼夜ともに食事のニーズがある
3.通勤しやすい
⇒電車・バスの環境が整っている

 
オフィスという立地環境での成功要因としては「損益分岐点が低い業態開発」が重要になります。
(※売れる時間と曜日に限りがあるため)
イニシャルコストもそうですが、変動費(FL)が低く設定できることが大切になります。

 
また、お昼の営業も重要になるため「食事動機の高回転業態」という視点も大切です。

 
そうなると、相性の良い業態としてラーメン店がひとつ挙げられます。

 
【ラーメン店で5店舗以上出店するための多店舗展開手法 樋口康弘】
http://funai-food-business.com/column/3594/

 
上記コラムをすでに読まれている方もいるかと思いますが、
差別化しながらも、損益分岐点を下げることが可能であり、出店コストも他の業態に比べると

比較的低いのが魅力です。

 
特にラーメン業界は採用面で苦戦する傾向があるため、採用面での強みをつくるための出店戦略も

考えていく必要があります。

 
事実、スタッフが求めるところとして、給与面よりも休みを大事にする傾向が強くなっていることは

皆さまもご存知かと思います。

 
競合が比較的少なく、ラーメン店のメインターゲットでもある食事動機の男性が多い「オフィス立地」

への出店は企業の採用戦略として視野に入れることをオススメします。

 
オフィス立地ですので、土日の集客は見込めにくいため営業はせずに平日の売上で収支を合わせる

必要があります。

 
そのためには、製麺の内製化(会社として)や省人化(調理の機械化・仕込みの簡易化)を行うのは

必須と言えるでしょう。

 
実際に内製化に成功され、利益を大きく伸ばされたラーメン店経営者様をゲストに招いたセミナーを

開催いたします。ご興味ある方は是非、下記URLをご覧いただければと思います。
http://www.funaisoken.co.jp/restaurant/funai-food-business/028818_lp.html

担当者
チームリーダー/マーケティングコンサルタント
渡邊 晃貴

船井流マーケティングをベースに、繁盛店のルール化から独自のノウハウ構築。
店舗がおかれている環境を分析し、競合 × ターゲット × 自社の強み から戦略を組み立て、
現場が実行できるレベルでの具体的な提案で業績アップを実現。
北は札幌、南は鹿児島と全国を飛び回り、顧問先企業は年商3000万円~80億円までと幅広い。
飲食グループ最年少記録でチームリーダーへ昇進。
海鮮業界を中心に、業績アップを実現。
さらに、増税に向けた単価アップ、利益改善に従事している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート