高利益率が実現できる、単品スイーツ専門店の取組みとは? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2018/3/07

高利益率が実現できる、単品スイーツ専門店の取組みとは?

株式会社船井総合研究所  正村陸

高利益率が実現できる、単品スイーツ専門店の取組みとは?

皆様こんにちは、船井総合研究所スィーツチームの正村です。
いつもご愛読いただき、誠にありがとうございます。
 

船井総研スィーツチームでは、以前より単品スイーツビジネスをお客様にお勧めしてまいりました。
人口減少の煽りを受け、特に地方では既存事業の延長では売上が落ちるばかりで利益が出ないといったお声が多く聞かれます。
 

一方、扱う商品を絞って専門特化することで、
・低投資で出店できる
・素人でも製造販売ができる
・ブランドを磨き込める
というようなメリットを享受でき、結果として利益率15%以上を見込めるのが単品スイーツ専門店のビジネスモデルです。

 

その単品スイーツ専門店の中で、芦屋に店舗を構え、今では全国にそのファンがいらっしゃるのが、芦屋ぷりん様です。
 

芦屋ぷりんの店舗はわずか11坪、初期投資は600万円とのことですが、日販40万円を叩き出すことに成功されています。
誰もが知るプリンというものを商材にする上で、特別な製法や素材があるわけではない中、目を付けられたのが「芦屋」という地域ブランドでした。
芦屋は高級住宅街として全国的に知られており、このブランド力を生かすべく、地名をネーミングに使用し、商品の素材や価格、パッケージも高級なイメージに合わせました。

 

また、プリンの店頭販売のみでは売上に限界があるとみて、店舗だけでなく通販で買っていただくことも念頭に置き、顧客のリピート率向上を図っています。
 

この芦屋ぷりん様の取組みからは多くの学びが得られます。
商品を単品に絞るため、あれもこれもとたくさんの種類の設備を必要とすることがなく、店舗面積が小さくても成り立ち、初期投資を抑えられるという点。
 

また単品スイーツ専門店で何より重要となるのは、コンセプトやブランド作りです。
芦屋ぷりん様の場合は芦屋という地域そのものをブランド作りに生かされましたが、他にも地域の上質な素材を使用するなど、素材へのこだわりを中心に組立てる方法も効果的です。

 

強烈なブランドを構築することで、芦屋ぷりん様は店舗で購入されたお客様に、通販で再度買っていただくというような取組みにも成功されています。
そしてその通販においても、ギフト需要に絞った高級感あるパッケージで販売するなど、ブランドコンセプトをブラさないよう徹底されています。
 
 

このところ全国的に単品スイーツ専門店が広がっています。
弊社のお客様の中でも、単品専門店に取り組まれる方が増えてまいりました。
昨年オープンした単品専門店は5店舗を超え、今年も新たにオープン予定の店舗が現状でも5店舗ほどございます。
 

このような状況を受け、この4月から単品スイーツ専門店に関する勉強会、「スィーツビジネス研究会観光スィーツ分科会」をスタートさせることといたしました。
そしてその記念すべき1回目のゲストとして、先ほどご紹介いたしました、芦屋ぷりん とあっせの藤岡様にご講演をいただけることが決定いたしました!
 

既存ビジネスの延長では活路を見いだせないという方、より高収益な業態にシフトしたいとお考えの方は、ぜひご参加ください。
1社2名様まで、1度だけ無料でお試し参加を受付けております!
・4月24日(火)11時より
・船井総合研究所東京オフィスにて
 

ご参加をご希望の方、詳細を知りたい方は
sweetbiz@funaisoken.co.jp
までメールをお送りください!
今回もお読みいただき、ありがとうございました。

 

担当者
正村陸

大学院修了後、株式会社船井総合研究所に入社。
整骨院業界のコンサルティング経験を経て、食品・菓子業界のコンサルティングに従事。
特に観光菓子マーケットでの新業態開発に数多く取組み、WEBマーケティングを中心とした販促提案を得意としている。
現場主義を大切に、多くの繁盛店視察から得られた戦闘レベルの提案にも定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート