「集客できるHP」をつくる為の、良いWEB業者の見分け方 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2018/2/15

「集客できるHP」をつくる為の、良いWEB業者の見分け方

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / マーケティングコンサルタント 吉澤 恒明

「集客できるHP」をつくる為の、良いWEB業者の見分け方

地域一番企業でも意外と知らない「イイWEB業者」の見分け方



こんにちは!船井総研の吉澤です。
「介護施設向けの配食事業」の
新規立ち上げ、活性化のご支援を
専門とさせていただいております。

全国各地の給食会社さまをご訪問する中で
最近改めて感じるのが
「どのWEB制作会社と付き合うべきか?を
知らない社長が意外にも結構多いんだな…」

ということです。


誰しも、どうせ作るなら集客ができる
営業能力が高いホームページ(以下「HP」)を作りたい!
と考えていらっしゃいます。

そこは共通なのですが
同じ月間クリック数1,000件でも

毎月安定的に問い合わせや試食案件が
舞い込んでくる

という企業様もあれば

WEB経由の反応が1件もこない

という企業様も。
この違いはどこからくるのか?

地域性、競合性などの変動要因も
もちろんあり得ますが
やはり肝心なのは
「HPの“質”」
と「広告戦略」

この2つに集約されます。


…少し話が脱線しました。


これは最近も体験した“あるある”なのですが

新しく制作したHP(←船井総研は一切関わっていない)
を見てくれないか?とお願いされた時のこと。

「たしかに、見栄えは素晴らしい!
だけど、集客できるかどうかは疑問
だな…」


こんなことが、よくあります。
実はココが、よくある落とし穴なのです。



「カッコイイHP=集客できるHP」とは限らない!



前提として、ぜひ知っておいていただきたいのですが

見栄えが良いHP=沢山のアクセスが獲得できるHP
とは限りません。



そして
HPをつくることは、おそらくどのWEB業者様でもできます。

が、きちんとWEBマーケティングの鉄則に則って
集客できるHPをつくれるWEB業者様は
その全てではありません。



業界の方々を敵に回したいわけでは
もちろんないのですが

これまで数々のWEB専門業者様と
お会いさせていただいた中で

こと「集客性」において信頼できるな!
という方は、正直、半分もいなかったのが実際です。



そしてそして
とても大事なのは
HP集客の成功は、
ズバリ最初の業者選びの時から始まっている!

ということ。


一度仕上がったHPを後から
修正課題点を洗い出し、反映させていくのは
時間的・金銭的にもコストロスが非常に大きい
です。


かなうなら、0からの制作時点から
適切な業者様に依頼できるのが
やはり望ましい。


なので、
これから新しくHPをつくる、
もしくはリニューアルを予定している

という方には
どんなWEB業者と付き合ったら良いのか?
の正しい見分け方を、
ぜひ知っておいていただきたいのです。



「イイWEB業者」を見分けるための2つの質問



WEB会社様を選定する際、

私はよく以下の2つ質問を投げかけます。


「〇〇からの見込み案件集客
という趣旨、コンセプトに基づいた

①サイトツリーのラフを提案していただけますか?
②内部対策として、御社が重要視するポイントはどこですか?」


これはあくまで基本的なことですが

HPの上位表示対策として特に重要視すべき点は
「ページボリューム」と「テキストボリューム」、
そして「適切なツリー構造」です。

(細かいものを挙げると、その他無数にありますが)


上記の質問に対して
・HP全体設計として、十分なページボリュームが見込めるか?
→最低でも20~30ページは欲しい所。
10ページ程度の設計が出てきたとすると、
少々不安が生じてきます。

・ページ数だけでなく、リンク構造が適切に紐づいているか?
きれいにセグメントできているか?
こちらも注意して見ます。

・内部対策として
テキストボリュームを担保するための提案があるか?
理想はトップページでは少なくとも「1,000単語」
以上は欲しい所。
また、どのようなキーワードを想定しているか?
基本的に強化すべきキーワード群は
「地域名」「商品・サービス名(給食、配食、等)」等。


これらポイントに対する提案・言及が、まずそもそもあるかどうか?
そしてこちらが期待する基準は満たしてくれそうか?

を見るだけでも、大きく違ってきます。


一度作ったら、長く資産として使い続けていくHP。
だからこそ、より良いパートナーの方と組んで
最良のHPをつくっていきたいですね!

ここでお伝えできるのはほんの一部かもしれませんが
少しでも、ご参考にしていただければ幸いです。



担当者
チームリーダー / マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
 
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数億円規模の業績アップに貢献。特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。
 
ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業、スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
 
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート