残す仕事と、やめる仕事 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

外食
2018/2/13

残す仕事と、やめる仕事

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント 石橋 恒夫

残す仕事と、やめる仕事

先日、ロイヤルHDが出店した、完全キャッシュレスの飲食店に訪問してきました。
 

店頭には、「キャッシュレスチャレンジのご案内」という看板が掲示されており
×現金
◎クレジットカード
◎電子マネー
と表記されていました。
 

店内のオペレーションは、iPadを使用したオーダーシステムを使用してはいますが、基本的にはフルサービス型のオペレーションで、料理は従業員が運んでくれますし、食器の返却を行う必要もありません。
 

クレジットカードでの会計対応をしている一般的な飲食店と、オペレーション面で、そう大きな違いはありません。
 

ただ、完全キャッシュレス(現金を取り扱わない)という事で、営業時間外の業務が大幅に削減されていることが容易に想像できます。
 

飲食店では、レジ金準備のための両替、売上の入金、レジ締め作業などにかなり時間を取られます。売上合計と残金が合わない…。なんて事が起きると、原因追及のために時間がかかり、帰る時間がどんどん遅くなります。
 

また、現金を管理することによるリスクやストレスの負荷もかかります。レジ締めは社員限定でしか行わない。という企業も少なくありませんが、その限定条件が、シフト組みを狂わせます。
 

そういった事を、このキャッシュレスに挑戦することで、これらの悩みから解放されます。
 

当然、資金繰りの問題や、出店エリアが限定されるなど、安易に導入できるものではありません。
 

ただ、今まで【当たり前のように店舗で行っていたことをやめた】というチャレンジは素晴らしいと思います。
 

この『働き手不足時代』に、今の仕事をすべて続けるのにも限界がきます。
 

では、その中で、どの仕事を残すのか?
 

人がやる事で、価値が高められる仕事は何なのか?
 

あなたの会社(お店)が、他社より優れている部分(顧客に求められている部分)は何なのか?
 

そこに今あるリソースをすべて注ぎ込むべきです。
まさに選択と集中です。
 

限られたリソースの中で、店舗を営業していくためにも、やめる事(やらない事)を決める事が、今企業に求められている事ではないかと思います。

担当者
グループマネージャー/チーフ経営コンサルタント
石橋 恒夫

調理師・栄養士・ふぐ調理師などの資格を持ち、食においての知識と技術を併せ持つ。飲食店での現場経験も豊富なため、机上の空論でない具体的な提案力に定評がある。多くの現場を知っていることから、その企業規模にあった成長戦略や、マネジメント手法を提案できるのが強み。作業の標準化・人事評価制度構築・従業員の育成・定着・戦力化、業務改善、セントラルキッチン化、フランチャイズ本部構築など、多店舗展開するための仕組み作りを最も得意としている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート