フードデリバリーの販促計画の立て方 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2018/2/13

フードデリバリーの販促計画の立て方

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 春日 大輝

フードデリバリーの販促計画の立て方

こんにちは。
船井総研の春日です。
 

本日はフードデリバリーの販促計画の立て方についてお話します。
 

そもそも販促とは何でしょうか。
 

辞書をひいてみると、「販促」とは、
 

『広義には広告活動からセールスマン活動を含めた,販売促進に関するあらゆる活動を意味する。一般に用いられている狭義の意味では,広告活動と人的販売を補足し,協力して,それらをより効果的にするためにとられる販売上の諸施策をいう。』
 

とあります。
「販促」と一言でいっても様々な捉え方があるようです。
 

私は仕事柄普段から様々な経営者とお話をさせて頂くのですが、
 

企業を成長させる経営者とそうでない経営者で、
「販促」の捉え方が全く違うことに気が付きました。
 

企業を成長させる経営者は、
 

販促を「企業が目指すべき姿に到達するための企業全体の経営戦略の一環」と捉えていますが、
 

そうでない経営者は、その場しのぎの「チラシやWEB広告といった売上獲得の手段」と捉えています。
 

特に店舗ビジネスではない「フードデリバリー事業」において、販促は非常に重要なテーマです。
 

WEB販促、紙販促、営業活動をそれぞれ場当たり的に行うのではなく、
年間の利益計画から逆算した販促費の中で、
商品戦略、人員配置、営業会議等様々な企業活動とリンクさせた販促計画を立て、
それを基にPDCAを回していくべきです。
 

最適な販促の手段も、
 

企業の商品の特性、
持っているリソース、
戦っている商圏の市場特性
 

によって毎日のように状況が変わっていきます。
 

そのため、絶えず販促計画のチューニング、仮設構築と結果検証を行いながら、
現状の自社にとって最適な販促活動をアップデートしていく必要があります。
 

そこで、私のご支援先では
毎月の会議の際、事業責任者の方に必ず
 

商品開発計画
商品開発に伴う具体的な行動計画
その商品開発とリンクした販促計画(紙・WEB・営業)
販促に伴う具体的な行動計画(販促物制作計画、HP更新計画等)
 

といった今後の話と
 

前月の販促の効果検証(費用対効果の測定)
売上に対する販促費率の推移
 

等といった振り返りを行っていただいています。
 

これらのPDCAをしっかりと月ごとに回すためには、
これらを一目で把握できるような帳票を準備することも重要です。
 

もし商品開発や営業計画とリンクさせた「フードデリバリーの販促計画」の立て方について
ご興味がある方や、帳票についてご興味がある方は是非お声がけください。

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
マーケティングコンサルタント
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。食流通の最前線で具体的ノウハウを取得した後、船井総研に転職。転職後も食に関する企業の支援にこだわり、現在は宅配・ケータリング業を専門としている。月20日以上を現場でのコンサルティングに費やし、支援先数は社内でも随一。戦闘レベルの提案から中長期的な戦略構築まで、経営者に徹底的に寄り添うコンサルティングスタイルには定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート