直販で収益を上げるための商品開発のポイント | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2018/1/25

直販で収益を上げるための商品開発のポイント

株式会社船井総合研究所 マーケティングコンサルタント 寳澤 賢寿

直販で収益を上げるための商品開発のポイント

売上UPをするために新商品開発に取り組まれる企業様が多くなってきています。
 
商品開発をする場合、必ず考えなければならないのが、
①誰に売るのか(ターゲット)②どこで売るのか(チャネル)
を考える必要があります。
 

今までの市場の中で売れていた商品を考えると、
ライフスタイルの変化に合わせ商品かつ人口構成比の高い団塊世代向け商品、団塊Jr向け商品の市場規模が大きく成長していたと考えられます。
 

具体的にいうと、下記のような商品が当てはまると思います。
■団塊世代向け商品:健康食品、アンチエイジング商品等
■団塊Jr向け商品:美容系商品(美肌・美白)、ダイエット食品等
 

現在日本の人口構成比は
50代~:30代~=約45%:約30%となっていますが、
次の商品はこの世代のライフスタイルに合わせた商品開発が必要になると考えています。
 

そのキーワードは、「時短・即食」というテーマに絞られると考えています。
 

団塊世代は、大量に食品を購入しても余らせてしまうため、コンビニ・SMで売られているような惣菜系商品が求められています。
団塊Jr世代は、共働き家庭も増えており、手間をかけずに簡単に食べられるような商品を求めています。
 

コンビニで売れている商品 × 時短商品
⇒ 米飯・麺・ピザなどの主食系冷凍食品
⇒ フリーズドライの簡単調理食品
が求められています。
 

船井総研の会員企業様での主食系商品の開発で売上を伸ばしている企業様が増えてきています。
 

これからの3年、5年、10年を見据えて、
今取り扱われている商品にとらわれず、柔軟な発想で商品開発に取り組んでみてください。

担当者
マーケティングコンサルタント
寳澤 賢寿

「船井総研入社後、食品業界のコンサルティングに従事。 特に通信販売については10年以上のキャリアを持ち、食品メーカーの収益拡大の策として、直販ビジネスの可能性を模索し、直販用商品の企画開発から、異業種からの直販参入手法を提供することをテーマとしている。近年はメディアを活用した通販強化での成功率は80%以上をほこる。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート