ネット売上月商100万円を目指すネット通販におけるスマホ対策 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
食品
2018/1/24

ネット売上月商100万円を目指すネット通販におけるスマホ対策

株式会社船井総合研究所  坂本俊明

ネット売上月商100万円を目指すネット通販におけるスマホ対策

 

いつもご愛読頂きありがとうございます。
フード支援部の坂本です。
前回は「重要!今でしょ!2018年ネット通販・WEB集客において早期に取り組みたいWEB対策」ということで自社サイトのスマホ対応の重要性について
お話をさせていただきました。

 

今回は「スマホ活用で月商100万円を目指す」というスマホ対応でも特にネット通販にフォーカスをあてたテーマでお話をさせていただきます。

 

まず、ネット通販、ネット販売のビジネスを成功させるのは、他の様々な商売と同様に、適切な努力と「頭とお金と時間」を使いさえすれば、欲しい成果を実現できるということを念頭に置いておいて下さい。
では、何故スマホ対応することで売上アップに繋がるのか?

 

【基本的な考え方】
ネットショップの売上の公式=客数×購入率×客単価

 

ネット通販において客数(セッション数)を伸ばす施策は、Web広告の活用やメディアに取り上げられることがあります。客数を伸ばそうと沢山の費用を投入してWEB広告をしたとしましょう。しかし、TOPページ=ネットショップの売り場がお客様にとって、商品を購買し難い環境だと、離脱率が増え、せっかく投入したWeb広告費も無駄になってしまいます。先ずは、購入率改善ファーストです。
その中でも早期に各社で購入率改善の為に取り組まなければならないことが、スマホ対応なのです。
船井総研のご支援先各社の媒体別のアクセス比率をみると、スマホ7割、PC3割と圧倒的にスマホからネットでお買い物をしているお客様が増えていることがわかります。

 

船井総研では、お客様にとって使い易いTOPページ・商品ページにはどの様なコンテンツが必要か300社以上のネットショップをルール化し当たりパターンを導き出しています。
勘違いして欲しくないのがスマホ対応ページの作成=レシポンシブ対応です。
大手企業様のネットショップを見ればスマホサイトとPCサイトは別々に作成されています。
これには、Web制作会社が教えてくれない重要な理由があるのです。

 

続きが気になる方はお気軽に下記の無料経営相談にお申込み下さい。

 

朗報です。船井総研では各社取組み始めているネットショップ・店舗集客サイトそれぞれの成功パターンをルール化、フォーマット化しており、皆様にご提供することが可能です。こちらは研究会パートナー会員様の株式会社イーナ様と連携をして開発いたしました。

 

(左記:ネットショップスマホサイトのフレーム
右記:店舗スマホサイトのフレーム)

 

まずはスマートフォンサイトのTOPページから整えることをお勧めします。
TOPページのみで、20万円程の費用で成功パターンのスマホサイトを構築できますので是非ともご検討ください。

 

ECサイト最適化無料レポート

 

今週もお読みいただきありがとうございました。

 

無料経営相談へのお申込み

 

【担当者連絡先:toshiaki-sakamoto@funaisoken.co.jp】

担当者
坂本俊明

入社後、和装業界でSNSを活用した店舗集客の手法を実践。現在は、食品業界のコンサルティングに従事し、新規業態開発から商品開発・WEBを活用したプロモーション戦略など、クライアントに合わせた戦略を提案・サポートしている。大手アパレルメーカー海外支社で培った強い組織作りのノウハウと不屈の精神を武器に徹底した企業の業績アップに取り組みます。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート