給食業のPCスキル向上も業務効率につながる | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/12/03

給食業のPCスキル向上も業務効率につながる

株式会社船井総合研究所  半澤 広基

給食業のPCスキル向上も業務効率につながる

今回お伝えしていくことは、給食会社が今後とるべき販売戦略についてです。

 

今までは、訪問営業のみだったこの業界に、

WEBや紙などの販売営業チャネルがようやく増えつつある中、

次に目指していくことは、オム二チャネルを見越したマルチチャネルです。

 

オムニチャネルの本質的な目的は、「あらゆる時と場所」で顧客のニーズを満たし

常時接続的に顧客とつながることで、LTVを上げていくことにあり、

購買行動を緻密かつ広範囲に分析し、商品・サービスを提供できる高度なデジタルマーケティング技術が必要です。

 

そのため、まずは、販売チャネルの掛け合わせから相乗効果検証を随時実施することによる

マルチチャネル戦略を下記に列挙した、WEBとCRMというプラットフォームを前提としたLTV最大化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

実店舗

複数メディアサイト(PC&スマホ&アフィリエイトサイト&ポータルサイト 他)

企業ホームページ

訪問

メール

FAX

テレアポ

テレビCM

カタログ通販

ソーシャルメディア

チラシ、パンフレット

 

その中で、いかに多くの顧客を安い金額でアプローチ出来、

いかにLTVを高める接点を持つかを考えてみてください。

 

最後になりますが、このようなマルチチャネル、オムニチャネル戦略を成功に導き、継続運用していくためには、業務システムの効率化による人的・経済的コストの低減の両立が必要であるということを認識していただき、働き方改革とセットで業務効率化を進めていただければと思います。

担当者
半澤 広基

介護給食ビジネス専門のコンサルタント。
 
弁当給食会社のみならず、食材卸業からの異業種参入など、新規事業立ち上げの成功事例を数多く持つ。「ゼロからの参入で1年で月商1,200万円、営業利益率10%付加」など、即時業績向上が得意。
 
中でもwebマーケティングに関するノウハウは、船井総研内でもトップクラスの実力者。専門業者をも圧倒する程のweb知識を駆使して、「売上・利益に直結する地域一番webサイトづくり」を武器に、全国各地のクライアントの業績アップを支援している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事