新商品開発・テストマーケティングにも使えるクラウドファンディング | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2017/11/21

新商品開発・テストマーケティングにも使えるクラウドファンディング

株式会社船井総合研究所 チームリーダー シニア経営コンサルタント 横山 玟洙

新商品開発・テストマーケティングにも使えるクラウドファンディング

2017年も終わりに近づいてきました。
ぼーっとしていると一年間あっという間に過ぎ去ってしまいます。
今年一年を振り返って新しいことにどのくらいチャレンジできたのか、
自分は自社は成長できたのか考えさせられます。
 
前回のコラムにも書かせて頂きましたが、
物流費の値上げが思っていたより深刻です。
 
直販の中でとりわけ通信販売の商品の見直しが急務となっていると感じています。
 
そのため、私のお付き合い先の企業さまでも、商品開発に取り組む動きに力を注いでいます。
しかし、自社で製造しようにも製造設備がなかったり、ノウハウがなかったりで、
新商品を作ろうとしてもなかなか進みません。
 
OEMで商品開発をしようとしても、メーカーがなかなか見つからず、
なんとか見つけたOEM先もロットが大きくリスクが大きいため、
なかなか商品開発に踏み出せないといった状況が散見されています。
 
そこでお勧めなのが、クラウドファンディングの活用です。
多くの食品企業の場合、1回あたりの企画で集まる金額は30~50万円くらいですが、
初回生産量の1/4~1/2くらいは生産前に注文が確定し、リスクの軽減が見込めます。
 
クラウドファンディング、WEB上での資金集めといった考え方ではなく、
自社の新商品・新サービスをPRする場として活用されることをお勧めいたします。
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
チームリーダー シニア経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事
コンサルティングレポート