スマホ対策はお済みですか?食品製造業のためのお歳暮商戦勝ち抜き戦略 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2017/10/27

スマホ対策はお済みですか?食品製造業のためのお歳暮商戦勝ち抜き戦略

株式会社船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 中渕 綾

スマホ対策はお済みですか?食品製造業のためのお歳暮商戦勝ち抜き戦略

いつもお読みいただきありがとうございます。
船井総研フードビジネス支援部食品メーカーグループ
チーフ経営コンサルタントの中渕です。
 
年末に向けて、現在お歳暮商戦の仕掛け準備を進められている会社さんは多いのではないでしょうか。
BtoBメインの企業では夏季にお済だとは思いますが、BtoCメインの企業では現在が正念場です。
毎年のことですので、9月中に準備が終わっている企業もあると思います。
商品構成、ギフト売り場作り、DM構成、ネット通販特集ページ作り、販促などなど考えることは山積みです。
 
商品は9月中に構成を考え、ネットのお歳暮特集ページは10月中にアップし、11月上旬にはDM到着、売り場作りなどスムーズに進めていただければと思います。
 
商品構成でお伝えしたいのは、年末需要の「カジュアル化」「個人使い化」です。
 
まず「カジュアル化」ですが、お歳暮の市場規模は年々下がっていると言われていますが本当でしょうか。
答えは横ばいです。単価の高いギフトが売りにくくなっている、大口の法人需要が減っているという傾向はありますが、商材にもよりますが、売れ筋予算帯が5,000円から3,000円に下がっている、身近な方にしか贈らなくなっているという傾向は顕著です。
 
また「個人使い化」ですが、現在年末需要のギフト対自家用比率は6:4または5:5となってきており、ギフト特化しすぎると年末売上最大化のチャンスを逃す可能性があります。
「1年間頑張った自分へのご褒美」「年末年始に家族と過ごすための品」として買われる傾向が大きくなってきています。
そのため、DMなどの販促物で「(屋号)冬ギフト特集」「(屋号)のお歳暮」などの打ち出しよりも「(屋号)の冬カタログ」などの打ち出しにとどめています。
もちろんギフトをしっかりとお客様に訴求し、買っていただくことは重要ですが、盲点を無くして売上最大化を目指していただければと思います。
 
また、年々増えているスマートフォンでの閲覧者数は、2017年に入って顕著に伸びています。
年齢層が高い伝統食品産業のHP、ネットショップでもスマートフォンでの閲覧者数が全体の6割にのぼり、パソコンでの閲覧者数を凌ぐ数字となってきています。
 
スマートフォン対策がお済でない企業も多いと思いますので、11月の間にテコ入れをしていただければと思います。
 
私は食品メーカーの直販事業をメインでコンサルティングさせていただいておりますが、その中でもネットショップのコンサルティングをメインとしています。
 
まずはグーグルアナリティクスで自社のスマートフォンでのコンバージョン率(買い上げ率)をチェックしてみてください。1.5%を割っている企業は要注意です。
 
さらに新規客のスマートフォンでのコンバージョン率が0.5%を割っている企業もさらに要注意です。
 
船井総研ではスマホサイトチェックリストとして約100項目で分析を行っています。
私の担当企業でも現在50点~70点ですが、10月中にテコ入れを進め出しています。
 
1回の分析のみで通常5万円(税別)の費用が発生いたしますが、食品ビジネス経営研究会にご入会いただいている会員様、月次支援で弊社メンバーがご訪問させていただいている企業様は無料で分析致します。
12月の総会で会員様のスマホチェック結果を発表させていただきます。
 
ご連絡は中渕もしくは担当コンサルタントまでお問い合わせくださいませ。
 
今週もお読みいただきありがとうございました。
 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
チーフ経営コンサルタント
中渕 綾

同志社大学経済学部卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。入社以来BtoB営業、飲食店、食品製造業、WEB、設備工場などのコンサルティングを経て、現在は食品製造業のコンサルティングをメインに全国を飛び回っている。主に酒・味噌・醤油など醸造業における業績UPを得意とし、指導開始3か月以内に結果を出すことにコミットしている。WEB制作会社、広告代理店、PR会社、海外販路拡大、レシピ開発、補助金・助成金取得など提携パートナーとの連携を深めているため、食品製造業の経営課題をワンストップで解決することが可能である。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事