惣菜業の宅配専門店×人手不足対応モデル | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/10/25

惣菜業の宅配専門店×人手不足対応モデル

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 小林 耕平

惣菜業の宅配専門店×人手不足対応モデル

人手不足による採用難・人件費増大・・・
保険適用拡大・・・
異業種参入増加・・・
原料・原産地表示・・・
HACCP対応義務化・・・
など、2018年以降中食業界を取り巻く環境は劇的に変化します。
 
こういった状況のなか、
中堅・中小企業はこれまでのように一番企業化と水平展開では、
到底生き残っていくことが難しい時代になってきました。
 
意識すべきことは、
①人手不足対応モデルの確立
⇒人手を必要としない業態・仕組みの確立
②既存の基盤における高収益化
⇒一番を獲得した業態・商材をブラッシュアップし収益性アップ
の2点です。
 
上記のような展開をまさに実現している企業として、
長崎県諫早市の惣菜店イトヤマ株式会社様があります。
 
スーパーテナントからの撤退による売上減で、
一時は廃業寸前まで追い込まれていたところから、
たった1年で売上2倍、経常利益は3倍まで伸ばされ、
一躍メディアでも注目の繁盛企業となられたのです。
 
やったことはシンプルで、
Step1)既存店への宅配事業付加
⇒採用0名・設備投資0円のなか売場の圧縮付加だけで、
初月で最高日販450万円を外販として付加。
Step2)宅配専門店の出店
⇒人手不足対応モデルへのシフトによって、
1名も採用することなく売上2倍、経常利益3倍を達成。
の2つのステップでした。
 
こちらの会社は従業員全員が主婦パートという体制ですが、
取り組みを始めてから2年間で離職者は0名。
 
人手不足対応型モデルも確立できたので、
現在でも売上は30-80%の伸び率で伸び続けていますが、
一切人手に困ることはありません。
 
今回、このイトヤマ株式会社の糸山社長をゲストとしてお招きしたセミナーを開催します。
 
セミナー情報詳細・無料レポートダウンロード・お申込みはこちら
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/025164.html
 
是非まずは、糸山社長のインタビューをまとめた無料レポートをダウンロードください。
http://www.funaisoken.co.jp/file/pdf_seminar_025164_01.pdf
 
イトヤマ株式会社(おむすびころりん)
弁当宅配ブランド「縁結び」

 

コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。
担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事