メディアさんの思考について | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2017/10/12

メディアさんの思考について

株式会社船井総合研究所  

メディアさんの思考について

皆様
いつもコラムをお読み頂きまして誠にありがとう御座います。
 
今回はメディア様への対応についてコラムを書いていきたいと思います。

メディア様の思考としては単純で数字が取れるか取れないかを最も重視しています。

その中で数字の取れるものに関しては何度も取材し、期間を空けて何度も取り上げる場合がございます。
お付き合いさせていただいております会社様ではパブリシティで何度もメディアに出て、何度も同じ番組で取り上げられているケースが目立ちます。

そうした会社様はなにをしているのでしょうか?

① 自社でコンテンツを作り出している
② 取り上げられる工夫をしている
③ メディアの方と良好な関係を築いている


この3点がポイントだと考えております。
① 自社でコンテンツを作り出している
⇒新規を集める
自社のリソースを使用し、新規性、話題性、社会性を意識しながら自社発のコンテンツを生み出すことが大切です。

② 取り上げられる工夫をしている
⇒営業をしている
こちらは情報発信にも繋がる部分ですが、自社のコンテンツを適切なタイミングで適切にPR、メディアの方へお知らせをしています。その際にも自社ができること、自社が協力すればできること、過去実績のまとめ、取り上げられる理由の分析をきちんとまとめ次へ繋げています。

③ メディアの方と良好な関係を築いている
⇒固定化をしている
メディアの方も多忙ですので連絡の取り方を工夫することや、メディアの方、ディレクター・プロデューサー・アシスタントの方が動きやすく取材をできるように整えることも必要です。

商売と同様にメディアの方への対応に関しても①自社の商品(実際の商品やコンテンツ、売りとなる事柄)、②販促(リリースや自社のコンテンツをまとめた資料)③接客(動きやすいようにサポートするおもてなし)の3点を意識してメディアに取り上げられやすい体制作りが必要です。
その他おすすめの記事