給食業のPCスキル向上も業務効率につながる | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/10/12

給食業のPCスキル向上も業務効率につながる

株式会社船井総合研究所  半澤 広基

給食業のPCスキル向上も業務効率につながる

皆様こんにちは。
本日は、皆様日々頭を悩ます配送人員不足についての内容をお伝えします。

ある企業で、上記の悩みに対応するために、
募集内容の変更や、採用媒体の見直しなどの採用のテコ入れを行いました。
しかし、出てきたのは、「足りません・・・」という現場からの声。
 
数字を分析すると、帰る時間は多少早くなっていても、
下記2つの課題が出てきました。
①行ける配送コースが2つほどで、シフト組がうまくいかない
②配送コースの見直しが徹底できていなく、そこまで帰社時間に多少の変化があっただけ
といったものでした。
もちろん、そもそもの頭数は必要です。
しかし、これと同時に必要なことは、
①既存顧客の見える化→今では無料ソフトで、住所マッピングが可能です。
②コースごとの目標時間とコース採算の設定
③各人のコースをまわれる多能工化
の3つです。
まずは、何からという話しですが、是非上記①⇒②⇒③の順番で、
まずは見える化を図ってみてはいかがでしょうか。
人手不足になげいても、やれることは徹底的にやっていきましょう。
担当者
半澤 広基

介護給食ビジネス専門のコンサルタント。
 
弁当給食会社のみならず、食材卸業からの異業種参入など、新規事業立ち上げの成功事例を数多く持つ。「ゼロからの参入で1年で月商1,200万円、営業利益率10%付加」など、即時業績向上が得意。
 
中でもwebマーケティングに関するノウハウは、船井総研内でもトップクラスの実力者。専門業者をも圧倒する程のweb知識を駆使して、「売上・利益に直結する地域一番webサイトづくり」を武器に、全国各地のクライアントの業績アップを支援している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事