物流の業務改善。そもそも物流って何? | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/8/18

物流の業務改善。そもそも物流って何?

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 野間 元太

物流の業務改善。そもそも物流って何?
野間です。
とにかく、雨ばかりですね。
お盆という感じがまったく今年はしません。
 
さて、今回のお題は「物流改善」というテーマをいただいていますが、そもそも「物流」とは、「配送すること」ではありません。
 
「配送」・「保管」・「仕分け」・「情報処理(発注・在庫管理・伝票処理)」などの全体フローを「物流」と言います。
 
ですから、「物流業務の改善」は、これら全ての要素を、「複合的かつ優先順位をつけて」改善していくことを指します。
 
例えば、給食業のクックチル・クックフリーズ商品のように、商品の保存性が高まることで、配送頻度を「毎日」から「週3」に以下げることができます。
配送費は1/2以下になっていくわけです。
 
一方で「在庫の保管スペース」が必要になります。
したがって、保管スペース確保にかかる経費が発生します。
 
これらを複合的で見たときに、どちらが合理的なのかを判断していくわけです。
食品デリバリー事業の代表的な物流機能の合理化については、以下のことがあげられます。

「配送」:コースマネジメント・ドライバーの行動マネジメント・車両スペック・保険

⇒ コースをなくす(取りに来てもらうも含む)、コースをまとめる
⇒ デジタコ・カメラ活用によるドライバーの行動管理

これらは、イメージしやすく、取り組みやすい基本的なところです。
リアルタイムのドライバー管理は、タクシー業界が進んでいます。

「保管」・「仕わけ」:スペース確保・5S・導線マネジメント・設備投資

⇒ 当日調理・当日出荷のため、この部分が後手に回っている企業が圧倒的に多いです。

食品製造業は、人手確保のため「平日・日中稼働強化=保存性の高い商品作り」を進めていきますので、必然的にこの「保管・仕分け」の重要度が増します。

「情報処理」:システム化

⇒ 省人化・スピード対応・正確性につなげる部分です。

システム化が必要な部分なので、投資が必要ですが、優先順位が上がらない企業が多いのが実際です。アナログ文化が強い、「IT・システム」という言語への感覚的な拒絶感など、理由は様々です。
1つ言えるのは、システム化を進め、間接部門がコンパクトになっている会社の利益率が高いという事実です。
 
「物流業務の改善」は、複合的かつ優先順位をつけて取り組んでいくわけですが、そもそも「物流機能を自社で持たないビジネスモデル」にすることもできます。
 
また、「一部分を外注する」こともできます。
 
「物流機能を自社でどこまで持つのか」を検討し直すことも含めて、合理化に取り組んでいただけたらと思います。
 
コンサルタントコラムの更新は、Facebookページでもお知らせしています。

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事