フードデリバリーの配達・宅配改善で大切なポイント | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/8/04

フードデリバリーの配達・宅配改善で大切なポイント

フードデリバリーの配達・宅配改善で大切なポイント
フードデリバリーに益々大手の参入が進んでいます。

益々激化する競争環境

特に「売る」の視点で見た場合に、UberEATSやLINEデリマなど、既にアプリとしてのMAUの大きい企業が、フードデリバリーとしてのプラットフォームになるべくどんどん動きが加速しています。
 
ただ、この流れ自体は先行企業や専門店にとってチャンスなのは以前のコラムにも載せた通りです。
 
基本的には既存店の「付加」発想の企業が多いため、衛生管理や労務管理の面で見ても製造キャパシティにすぐに達しやすくなります。
 
また、レシピも時間をおいて美味しいものになっている訳ではない為、この辺りの改善スピードを見ても先行の専門店には大きなチャンスが存在しています。

配達・宅配の最適化を

先行専門店には確かにチャンスなのですが、高収益化を実現するには配達・宅配の最適化が大切になってきます。
 
特にこの分野は、配達の人件費を入れると売上の約10%を占めるまでになります。つまり、ここを最適化できるかどうか?によって、営業利益に大きな差が出てしまうのです。
 
しかしながら、先行企業ですらこの分野はアナログ対応が多い状況です。
  • 注文の度にベテラン配送員が地図にマッピングしてルートを決定する
  • 地理を覚える為に、ポスティングを使って地域周り
  • 最速ルートは個々人の経験任せ

といった状況です。
 
これではノウハウの蓄積もされませんし、何より仕事の幅として離職率が高くなる傾向にあります。
 
実際にフードデリバリーも配達員の採用コストは年々上昇していて、1人辺り採用コストが7万円を超えるのもザラになってきました。
 
では、この分野をどう解決していくのか?
 
それはやはり、システムですね。特に動態管理×AIの部分になってくるのですが、
①注文の度にルートが自動計算
②最少人数・最短時間でのルートが常にアップデート
③緊急の回収にも都度対応
④本部も誰がどこを走っているかを把握できる

この辺りが、配送を重ねれば重ねる程、システムの中でどんどん賢くなっていくのです。
 
そうなると、配送員は素人軍団でも一定レベルの生産性を、スマホかタブレットさえあれば実現できるようになります。それも、月数百円の話です。
 
たったこれだけ生産性を高める事は出来ますし、定着率が高まれば採用コストも抑える事が出来ます。
 
配達・宅配部分の最適化に後手になる企業が多いからこそ、ここに差をつけてより高収益化に繋げていきたいですね。
担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事