フードデリバリー事業で利益率を上げる取り組み。商品調理を簡略化する | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/7/27

フードデリバリー事業で利益率を上げる取り組み。商品調理を簡略化する

フードデリバリー事業で利益率を上げる取り組み。商品調理を簡略化する
フードデリバリー事業において、利益率を上げるためにどんな取り組みをされているでしょうか?
 
昨今では、

  • 食材原価高騰
  • 最低賃金の引き上げ

といういわゆるFLコストに直接インパクトのある事象が増えたうえに、
紹介されて案件をこなす企業様においては、ますます「手数料」が痛い状況になってきているのではないでしょうか?
 
上記のような事象が続くと、
「粗利率を確保するために、原価を落とさなければならない…」
しかしながら、その分お客様への価値が薄れてしまうのも否めません。
 
そうなると必然的に着手すべきは人件費になります。
人件費削減のためにとるべき対策として、

  • 機械化
  • マニュアル化
  • パートアルバイトでの対応

というのはこれまでお伝えしてきた内容かと思います。
 
今回は、新たに考慮すべき点として
オペレーション改善、特に商品調理の簡略化についてお伝えできればと思います。

オペレーションの改善。商品調理を簡略化する

フードデリバリーにおいての商品を作る工程としては、
① 仕込み
② 調理
③ 盛り付け
④ 梱包

の順序で流れますが、
①、②に関してはある程度「既製品」もしくはアイドルタイムに調理しておいた「冷凍調理品」
が使用できると、その分人手は省くことができるでしょう。
 
大きく省けるのは、おそらく③の盛り付けだと考えています。
 
③の盛り付けは、どれだけの「手数が入るか」が重要になります。
大量個数の注文の際に、何人の盛り付け人員がいるか?がここで変わってきます。

手数を考慮した名物商品作り

その上で、戦略的に考えなくてはならないのが
「手数を考慮した“価値”のある商品をいかに作れるか?」です。
 
フードデリバリーだと、
・日本橋 玉ゐさんの「穴子ばらちらし」
 
駅弁ではありますが、
・新杵屋さんの「牛肉どまんなか」
・登利平さんの「鳥めし弁当」
 
のような、手数を考慮した名物商品作りが今後必要です。
 
このようなお弁当の特徴としては、手数として2手~3手、お重タイプ、お店の名物単品の利用、老舗“感”の訴求といったところにあります。
 
商品作りから、そしてブランドの見せ方から、お客様への価値訴求を落とすことなく経費削減に取り組みましょう。
担当者
マーケティングコンサルタント
船越 良

新卒で入社以来、船井総研で飲食仕出し・宅配専門にコンサルティングを行なっている。
飲食店、仕出し会社、給食会社などに年間300日以上お伺いし、現場で即時業績アップする立上げと活性化をサポートしている。勉強会組織、『ケータリング・宅配研究会』を運営。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事