客数UPの対策に!フォトジェニックなテイクアウトメニュー付加 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2017/7/25

客数UPの対策に!フォトジェニックなテイクアウトメニュー付加

株式会社船井総合研究所 チームリーダー チーフ経営コンサルタント 横山 玟洙

客数UPの対策に!フォトジェニックなテイクアウトメニュー付加
暑さで夏は菓子店の多くが集客に課題を抱えますが、ここ数年、集客の夏対策として効果を出してきたのが、かき氷、スムージーなどのカフェ・テイクアウトメニューです。
 
これら夏のメニューを付加することで、既存客への集客フックや客単価UPにもつながるのですが、上手にプレスリリースを活用することで、地元の新聞やテレビの雑誌への掲載、また最近ではインスタグラムやフェイスブックで口コミが広がり、新規集客につながります。
 
船井総研のスィーツビジネス研究会の会員でも、この夏の最新事例として
  • 地元産いちご25粒を丸ごと削った1日限定10杯のいちごのかき氷がメディアに取り上げられ客数150%UP
  • 地元の桃を使ったスムージードリンクを導入し客数115%UP
  • トッピングの実演付きのアイスバーを付加することで、客数115%UP

 
また、特徴的な結果は、同じ会社でもかき氷やスムージーなどのカフェ・テイクアウトメニューを導入している店と、していない店で客数10~30%程の差が生まれているということです。
 
プレスリリースでのメディア対策、ならびにSNSでの口コミの拡散による客数UPを狙う場合、かき氷やスムージーの商品設計で抑えておきたいポイントが、

  • SNSやメディアで受けが良いのはフォトジェニックなメニュー
  • 地元のメディア対策として、地産の原料を用いること
  • 大きさや高さでインパクトをつける!一般的な商品の2倍~3倍のボリューム感を出す
  • あくまで集客商品と割り切り、限定数で良いので、まずは実践してみる

 
本コラムで紹介しましたメディア対策については、
下記のURLより詳細を紹介していますので、宜しければご確認ください。
⇒「メディア活用ガイドブック
 

担当者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事