フードデリバリー・仕出しの生産性向上に大切な事 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/7/14

フードデリバリー・仕出しの生産性向上に大切な事

株式会社船井総合研究所 グループマネージャー シニア経営コンサルタント 堀部 太一

フードデリバリー・仕出しの生産性向上に大切な事
成長期であるフードデリバリーですので、
売上アップを実現している企業は多いのではないでしょうか?
 
ただ同時に、更なる生産性向上を出来るかどうかが、
更なる売上アップの障壁になっている所も多いと思います。
 
では、何から着手すればフードデリバリーにおいて、
生産性が高まってくるのでしょうか?

引き算の発想で考える必要性

生産性を高める為に非常に大切な発想があります。
それは、「何かを改善しよう!」という足し算の発想から、
「そもそもこれって必要?」という引き算の発想です。
 
例えば、下記の3つが挙げられます。

①当日調理の必要性

「美味しいものを作る為に、
当日調理と当日盛り込みが絶対必要!」
 
これって本当でしょうか?
逆に菌のリスクが高まる事はないでしょうか?
 
美味しい・美味しくないで言えば、
絶対に美味しい方が良いに決まっています。
 
ただそれが、キチンと試食検討や
衛生チェックした上でのものか?
これは見る必要があります。
 
例えば、クックチルや急速冷凍によって、
事前調理・事前盛り込み比率を高めた場合、
その品質はどうなのでしょうか?
 
これが良いものであれば、
作業時間の平準化に繋がり、
フードデリバリーの生産性は向上します。

②電話対応の必要性

「電話での対応・確認こそが、丁寧な対応だ!」
 
これって誰が決めたのでしょうか?
 
この考えは年代によって大きな差があります。
その為、対象となる年代別での変更が
過渡期では必要になるとは思うのですが、
 
・カートで注文
・お届け日までステップメール
・事後フォローはメルマガ

これだけでも、全くフォローしていない企業にとっては
接客力アップにも繋がりますし、
電話工数自体を減らす事が可能になります。
 
受注管理システムとの連動が必要ではありますが、
電話の工数を減らす事によって、
フードデリバリーの生産性は向上します。

③配送対応の必要性

フードデリバリーだから持っていく事が当たり前。
これは意外と違ったりします。
 
というのも、都市部であればデリバリーの必要性が高いですが、
地方都市や郊外になると、
車が当たり前の社会です。
 
特に対象が企業さんや製薬さんなどの場合、
営業マンの人がそもそも車に乗りながらの移動も多いため、
デリバリーと店頭の選択肢があるだけで約30%は切り替わります。
 
現在、配送員確保に困難されている
フードデリバリー企業も多いですが、
そもそものデリバリー比率を下げる。
 
という発想も、人手不足対応と、
生産性向上のポイントにも繋がってきます。
 
上記3点はまだまだ一部ではありますが、
共通しているのは「引き算の発想」です。
 
そもそも論を常に考え、
現状のアタリマエを疑っていきたいですね。
 
また、フードデリバリーのビジネスモデル概要を知りたい方は、
下記の無料ガイドブックがおススメです。
宅配・ケータリング 新規参入ガイドブック
担当者
グループマネージャー シニア経営コンサルタント
堀部 太一

船井総研フードビジネスのグループマネージャー。船井総研史上最年少でグループマネージャーに。専門領域は中食・デリバリー業。
「食を通じての豊かさの提供」をコンサルティングを通じてどう実現出来るか?を日々考え、毎月25日以上全国を飛び回り、業績アップサポートを行う。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事