社長、現場のこと見ていますか?既存事業の生産性を上げるために実践すべきこと | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/7/13

社長、現場のこと見ていますか?既存事業の生産性を上げるために実践すべきこと

社長、現場のこと見ていますか?既存事業の生産性を上げるために実践すべきこと
今回は「製造現場の時間数実態」ついてです。

製造現場でおきていることを「作業」・「準備」・「移動」に分割して数値化

先日、ある会社の製造現場で「何に」「どのくらい」時間がかかっているのかを調査しました。
 
調査対象の企業様は、介護施設向けの調理済みパックをメインに販売する給食会社様です。
 
この企業様の製造現場の業務工程を、
① 仕込み
② 調理(加熱・冷却)
③ 盛り付け(袋詰め)
④ 仕分け
⑤ ミキサー食対応
の5分類に分けてみました。
 
そして更に、①~④の業務工程ごとに、下記の3分類に分けて時間数を計測しました。
 
(1)「作業」:実際に作業している時間
(2)「準備」:作業に必要な準備をする時間
(3)「移動」:半径1m以上に物をとりにいく時間

1.最も「時間数がかかっている工程」から合理化に取り組む

この企業様の場合、
① 仕込み      :8.7%
② 調理(加熱・冷却):17.5%
③ 盛り付け(袋詰め):34.1%
④ 仕分け      :20.6%
⑤ ミキサー食対応  :19.1%
と、なっていました。
 
この結果を踏まえ、
まずは「③盛り付け(袋詰め)業務」の合理化がどこまでできるのかを見ていきます。
 
この「③盛り付け(袋詰め)業務」を3分類に分けて時間計測をした結果、
 
(1)「作業」:65.0%
(2)「準備」:19.0%
(3)「移動」:16.0%

 
となり、実際に作業している時間以外の「準備」と「移動」に、全体の35.0%の工数をかけていることが分かりました。

計測結果を示す円グラフ
計測結果を示す表

2.そもそも不要な工程(時間)はないのか?

となると、
 
本来時間をかけるべき「作業」時間の構成比を上げるためには、「準備」・「移動」の時間を削減することができないの?
 
という視点を持つことができ、
 
この点の合理化を図るためには、基本的な「5S」の徹底はもちろんですが、そもそも「不要な作業」がないか?という話になるわけです。
 
例えば、この企業様の「③盛り付け(袋詰め)」業務の「準備」においては、
 
袋数のカウント業務が「準備」の約50%を占めており、そもそもこの作業が必要なのか?という論点を生みだすことができました。

3.「作業時間」を効率化するための「基準値作り」

結果、③盛り付け(袋詰め)業務における実際の作業時間を効率化するためには、「スピードを上げる」というテーマが出てきました。
 
ここでは、機械化をしないケースとします。
 
当然ですが、人によって作業スピードには「個人差」がありますので、まずは個人別にどのくらいのスピードで作業を行っているか?を把握してみましょう。
 

 
また、時間あたりでどのくらいの食数を処理していくのか?という「基準値」を作り、
その数字を目指していくマネジメントも必要です。
 
ぜひ皆様には、現状の製造部門が、どのような時間構成で各業務の工程が行われているのかを把握していただき、優先順位をつけて業務改善を進めていただけると、尚良いかと思います。
担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事