従業員の残業もほとんどなしで、高利益化できる新たな事業展開とは | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2017/7/12

従業員の残業もほとんどなしで、高利益化できる新たな事業展開とは

従業員の残業もほとんどなしで、高利益化できる新たな事業展開とは
現在、菓子店の労務環境はこれまでにない変革期を迎えており、大きく3つの変化が起こっております。

1.人手不足

現在、労働生産人口の減少とともに採用競合が増え、有効求人倍率が上昇しています。
そのため、求人をかけても中々人が集まらなく、売上を上げたくてもそこに人員を割くことができなくなっています。
そのため、なんとかスタッフが辞めないように顔を伺いながら、残業を調整し、シフト組みを行っている菓子店も少なくありません。

2.人件費増

従業員の最低賃金の引き上げとともに社会保険の適用範囲が拡大することによって人件費が一気に高くなってきています。
そのため、多くの菓子店では労務環境の整備が急速に求められており、そのためにも高収益化していく必要に迫られています。

3.若者の労働観の変化

今まで、菓子店では当たり前とされてきた労働環境に、「長時間労働」「残業代未払い」「有給休暇もほとんど消化できない」「不規則な休み」といったことが挙げられます。
ただ、近年のワークライフバランスを学校で学んだ世代では、「仕事重視よりも、プライベートを重視する」傾向にあります。

このような大きな変化に対し、菓子店におすすめしたい観光マーケット参入

このような大きな変化がある中で、そもそもロードサイドに面した好立地で大きな駐車場を完備し、品揃えを地域1番にしていくような菓子店の業態だけでは対応できなくなっています。
 
そこで、現在弊社でも菓子店の皆様に勧めていますのが、菓子店の観光マーケット参入です。既存の菓子店での展開に加えて、新たな事業ドメインとして観光マーケットへ単品の専門店を出店して参入するということです。
 
実際に参入された方からは、「今までこんな楽な出店を経験したことがなかった」「ロス率が非常に減った」「従業員の残業もほとんどない」「1年半で投資回収ができる」といったお声をいただいております。

無料ダウンロード 観光菓子マーケット事例レポート

下記より、観光菓子マーケットの詳しいレポートを無料でダウンロードできます。
こちらを是非ご活用下さい。
 
激変する観光市場を攻略する「単品専門店モデル」を大公開!
担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事