深夜の工場稼働なし、朝8時~17時の 工場稼働の弁当給食会社で直近5年退職者0 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/6/23

深夜の工場稼働なし、朝8時~17時の 工場稼働の弁当給食会社で直近5年退職者0

深夜の工場稼働なし、朝8時~17時の 工場稼働の弁当給食会社で直近5年退職者0
皆様こんにちは、いつもありがとうございます。半澤です。
 

深夜・早朝調理なし!
退職者0!
営業利益15.8%!

 
深夜の時間の勤務で中々人が集まらなく、たとえ入社してもすぐやめる・・・それなのに収益は多くない。そんな給食会社の当り前を根底から覆している給食会社が実際に存在します。
そう聞くと皆様どう感じるでしょうか?
 
どうせ冷凍のお弁当などの話でしょ?
どうせ大手の話でしょ?
 
と思われる方もいるかもしれません。
 
いいえ。違います。
これは、岡山県倉敷市に本社がある給食会社の話なのです。
 
その名は、株式会社 優食。
今まで展示会や雑誌などでも今まで取り上げられることのなかった隠れた名給食会社です。
 
地域密着の葬儀社がどのようにして成長を遂げてきたのか、気になるところです。

労働環境を整えていくことは、給食会社にも求められる絶対命題

昨年は、安部総理が「働き方改革」という言葉を打ち出したり、
大手広告代理店で労務関係の問題が起こったりと、「働き方」や「ブラック企業」が世間の話題となりました。
 
給食委業界を見渡してみるとどうでしょう?
 
深夜の時間帯の業務内容も多く決して、労働環境の良い業界とは言いづらいのが現状です。
今では人材募集をしても人が来ない、と悩んでいらっしゃる給食会社様も多いのが事実です。
 
そもそも労働生産人口が減少しているこの時代ですから、どんな業界でも採用が厳しい中、労働環境が良くない企業は業界は働き手が足りなくなって倒産していく、いわゆる人材倒産といわれる現象がこれから多くなってきます。
 
そんな中、労働環境を整えていく、ということも給食会社には求められる絶対命題です。
 
しかし、労働環境を整えた結果業績が悪化したでは話になりません。

深夜時間帯の調理をなくし適切な休みを与えながら、業績を上げている理由は?

皆様はどのようにして、優食様が
深夜時間帯の調理をなくせて、適切な休みを与えながら人もやめることなく業績を上げているのか気になりませんか?
 
その答えを、優食の今城社長に聞くと
 
「こうだったら理想的だな、ということを、実現すると決め、働く人の自主性に任せる」とおっしゃられます。
 
「深夜の時間帯の仕事をせず自主性に任せたら、うちの会社も採用に困らないかなぁ」と考えたならそうすると決めることが大事だということです。
 
決めてしまえば、そこからどのようにしたら実現できるかを逆算して考えていけば、結果的に実現できるということです。ちなみに、会社創業よりそのことが実現することを前提とされていたようです。
 
この逆算発想ができるかどうかが、企業が進化していけるかどうかの大きなポイントとなります。
 
皆様の会社は10年後、20年後の未来を向けて、どのような逆算発想をしますか?
 
そして、今、何を具体的に行っていきますか?
 
是非、真剣に考えながら、激変の時代を乗り切っていきましょう!
 
次回もこの企業様が何をしているのかより詳しくお伝えしていきます。
楽しみにしていてください!

高収益高齢者宅配弁当 業績アップセミナーのご案内

本邦初公開! 株式会社優食 今城社長が登壇!!
このような会社にしてきた経営のヒント・事例を知ることの出来る1日!
 
↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
高収益高齢者宅配弁当 業績アップセミナー
 先着50名様限定!開催場所は東京のみ1会場です。
【東京会場】 2017年7月13日(木) 13:00~17:00(受付12:30~)
 
(株)船井総合研究所 東京本社
 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
 JR東京駅丸の内北口より徒歩1分

担当者
半澤 広基

介護給食ビジネス専門のコンサルタント。
 
弁当給食会社のみならず、食材卸業からの異業種参入など、新規事業立ち上げの成功事例を数多く持つ。「ゼロからの参入で1年で月商1,200万円、営業利益率10%付加」など、即時業績向上が得意。
 
中でもwebマーケティングに関するノウハウは、船井総研内でもトップクラスの実力者。専門業者をも圧倒する程のweb知識を駆使して、「売上・利益に直結する地域一番webサイトづくり」を武器に、全国各地のクライアントの業績アップを支援している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事