食品業界の企業が新聞・ネットニュースに取り上げられる前に考えるべき視点 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
食品
2017/6/20

食品業界の企業が、新聞・ネットニュースに取り上げられる前に考えるべき視点

食品業界の企業が、新聞・ネットニュースに取り上げられる前に考えるべき視点
こんにちは。
食品メーカー企業のWEB・メディア・SNSを活用したマーケティングを専門に
コンサルティングを行っております薄田です。
 
今回は「食品業界が新聞やテレビ、ネットニュースに取り上げられる前に考えるべき視点」
をテーマに顧客の購買理由の変化をお伝えしたいと思います。
今すぐ知りたい方はこちら!!
 
テレビ新聞ネットニュースに取り上げていただく事が重要な理由としては、
圧倒的な情報量をもっており客様が信頼している媒体であるということは言うまでもありません。
 
ではどのような情報がテレビや新聞、
ネットニュースの作成者が取り上げられたいと考える情報なのでしょうか?
 
狙いを持たず、こちらからただ商品の情報を一方的に発信するということではなく、消費者の求める情報と情報を発信するメディアの求める情報の2つのポイントを抑える必要があります。

顧客視点に立つ上で理解すべき食品のライフサイクルシフト

船井総研ではライフサイクル理論である
導入期から成長期、成熟期を得て安定期に至るプロセスを
商品やビジネスモデルに落とし込み考えることをフレームワークとしています。
 
情報を発信するということにおいてもライフサイクルを理解し、
お客様の購買理由のポイントを抑え
顧客ニーズに合った情報発信を行う必要があると考えます。
 
食品業界をライフサイクル的にみる
 
現在の食品業界をライフサイクル的にみると
安定期に入っており消費者の購買ポイントとしては
「価値観・コンセプトが共感できる・あの人から買いたい」と言った理由が
以前に比べて強くなっております。
 
食品のライフサイクルの背景からも
消費者に対して価値観・コンセプト・製造者の情報を発信することが求められております。
メディア活用以外でもSNSや自社ブログなどの記事内容として
こちらを考えていただければと思います。
 
今回は、消費者が求める情報に関してお伝えしましたが
2つ目のポイントであるメディアの求める情報としては
下記URLの無料の冊子の中でまとめております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
食品業界向け「メディア活用ガイドブック」
 
是非ダウンロードの上ご参考いただければと思います。
最後までお読み頂きありがとうございます。
 
本記事のお問い合わせは薄田(すすきだ)まで
ご連絡くださいませ。
 
下の「このコンサルタントに相談する」からも、初回無料でご相談承ります。
お気軽にお申込ください。
担当者
薄田 陽

熊本県出身。株式会社船井総合研究所に入社後は、飲食・中古リユース業のコンサルを経て、食品業界のコンサルティングに従事している。中でもWEBマーケティングに強みを持ち、日々業績向上に努める。地域密着の企業様のコンサルティングを行い、地方活性を目指している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事