持続的に業績を伸ばす経営者様が意識的に行っていること | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/6/19

持続的に業績を伸ばす経営者様が、意識的に行っていること

株式会社船井総合研究所  井上 裕基

持続的に業績を伸ばす経営者様が、意識的に行っていること
皆さんこんにちは!
船井総研 給食ユニットの井上です。
 
皆さんには、見本・目標としている高齢者向け弁当宅配を展開されている、企業や経営者様はいらっしゃいますか?
 
多くの方にこのお話を伺うと、ほとんどの方はいらっしゃらないとご回答頂きます。
競合調査等、自社商圏内での脅威となり得る企業のことはしっかり調査されるのですが、見本となり、目指していこうとする企業や経営者様についてはあまり気にかけません。
 
これは一体なぜなのでしょうか?
 
これは気にかけないというよりも、
明確にこの業界での横の繋がりが不足しているということが要因です。
 
給食業は非常に閉鎖的な業界と言われながら、商圏外全国規模の情報収集や発信の機会をなかなか得られていないのが実情なのです。
 
事実この業界、業績を伸ばされている経営者様は、こういった状況を打破していくために意識的に全国各地の同業の方々とのコミュニケーションを深め、そして情報収集と発信に努め、学んだことを即実践している姿が顕著です。
同時に、定期で、目線を先に上げていくためにも業種問わず情報を仕入れ刺激を受ける環境を持つようにされています。
 
我々船井総研でも、「次世代給食業経営研究会」という会員制の勉強会を開催させて頂いております。
これは全国の給食業が地域一番を目指すべく、理論や理屈一切抜きの事例主義な実践型勉強会です。
 
目指すべき存在をつくることは非常に重要です。
船井総研では「師と友づくり」の重要性を強調させて頂いております。
 
業界ではあまりなかった横の繋がりをしっかりと築き、今後の方向性を業界の仲間と定め、切磋琢磨していきませんか?
 
良い情報を仕入れ、明日の経営に活かす絶好の機会を皆様も是非お持ちになられるようにして頂ければとおもいます。
担当者
井上 裕基

高齢者個人宅、施設へ直接食品をお届けする「高齢者向けフードビジネス」に専門特化したコンサルタント。
 
大学卒業後、大手乳製品乳酸菌飲料グループに新卒で入社。宅配部門のマネージャーとして高齢者向け宅配営業、100名以上の女性スタッフマネジメントの実績と船井流経営法を掛け合わせた、独自の業績アップ手法を確立させている。
船井総研に入社後はその実績とノウハウを活かし、主の弁当給食会社だけでなく、介護施設や病院、葬儀社といった異業種参入での給食業における高齢者向けフードビジネスに専門特化して業績アップのサポートに年間365日全国各地を駆け回っている。
 
特に高齢者向け個人配食における、立ち上げから拡大までの圧倒的スピードと一貫したサポート、幹部・営業・現場配送スタッフまで徹底した営業強化支援と落とし込みを得意としている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事