介護施設向け給食事業の製造人件費を合理化する | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2017/6/09

介護施設向け給食事業の製造人件費を合理化する

介護施設向け給食事業の製造人件費を合理化する

野間です。
 
調理済み介護施設向けパック給食事業における
製造人件費の合理化法」についてお話します。
 
この事業で最も製造人件費(時間数)がかかるのは、
袋詰め(充填)」作業です。
 
この部分を手作業で行っている場合、
製造部門における総時間の30~40%を
この「袋詰め(充填)」作業が占めています。
 
この部分をどこまで圧縮できるかが
収益性を高める大きなポイントになります。
 
今回は機械化以外の方法での
「袋詰め(充填)」作業の圧縮方法についてです。

作業を圧縮するために重要なのは、ズバリ「総袋数を減らすこと」

圧縮するために重要なポイントは
ズバリ「総袋数を減らすこと」です。
 
袋数を減らすため第一歩は、
 
献立の工夫です。
具体的には、1献立を2袋に分けないで済む良いようにすることです。
Ex)1袋に入れると色移りがおこるので、2袋に・・・をやめる
 
1袋が2袋になれば、作業時間は倍になります。
ラベルを貼る手間も倍になります。(袋に直接印字していない場合)
 
こういったことをなくすためには、
 
献立を立てる人(栄養士)と製造現場の人が
一緒に献立を作りに関わることが重要です。

 
人時生産性を上げるために、
 
まずは最も時間のかかる作業をどのようにすれば
合理化できるのかという視点を常に持ち続けることが重要です。
担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。
TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。
年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事