高級弁当宅配事業の中期経営計画策定に必要な5つのポイント | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2017/5/24

高級弁当宅配事業の「中期経営計画」策定に必要な5つのポイント

高級弁当宅配事業の「中期経営計画」策定に必要な5つのポイント
こんにちは。
船井総研の春日です。
本日は高級弁当宅配事業の「中期経営計画」のお話です。
 
高級弁当宅配事業の中期経営計画に必要な視点とは、

① 事業ミッション
  高級弁当宅配事業の長期的使命・存在意義
② 中期的ビジョン
 ミッション達成の為の中期的目標(数値目標ではなく、あくまでもありたい姿・志)
③ 成果KPI(KPI=重要業績評価指標)
 中期的ビジョン達成の為の定量的な目標
④ CSF(重要成功要因)
 成果KPIの達成の為のセンターピン
⑤ プロセスKPI
CSFを達成する為の数値目標

の5つが挙げられます。
 
中期経営計画を立てる中で、
数値計画から綿密に構築される経営者様をよくお見かけしますが、
事業を成長させていく上で、
「なぜこの事業を成長させるのか?」
という視点が抜け落ちていることが散見されます。

成功するのは、従業員が団結して取り組む事業

事業の成長には従業員様の活躍は必要不可欠ですが、
それには、
 企業の目指していることに共感できるか?
 やりがいをもてるか
 意味ある仕事か
という「理由の共有」が一番大切なのです。

成功する事業は、
素晴らしい戦略の基に練り上げられた事業ではなく、
 
従業員が絶対に成功させようと一致団結して取り組む事業です。
 
そのためにも、
なぜこの事業に本気で取り組むのか?
この事業に本気で取り組むことでこの先何が待っているのか?
 
地域にはどのような良い影響を与えるのか(雇用、地域貢献の視点)
従業員にはどのような良い影響を与えるのか(待遇面、働き方の視点)
企業にはどのような良い影響を与えるのか(収益面、シナジー効果の視点)

 
その経営者の本気の想いをミッションに変え、ビジョンに落とし込み、
それを達成するための数値計画を立てることが必要です。

なりたい姿から逆算した中期経営計画を

本コラムをお読みの皆様の中で、
企業の経営理念やミッションを制定している企業様は多いかと思います。
 
次は、
①高級弁当宅配事業のミッション(なりたい姿)の言語化
②ミッションを達成するための中期的ビジョンの制定
③それを達成するための成果KPI(数値目標)の抽出
④成果KPIを達成する為に重要な成功要因の抽出
⑤重要成功要因を形にするためのプロセスKPIの制定
⑥プロセスKPIを達成するための行動計画を従業員全員で立てる

という形で、
なりたい姿から逆算した事業の中期経営計画を策定してみてはいかがでしょうか。
 
「高級弁当宅配事業の成功」自体も、
企業全体のミッションを達成するための成果KPI(数値目標)を達成するための
ひとつの重要成功要因であり、
高級弁当宅配事業の成果KPIは企業全体のプロセスKPIです。
 
従業員に本気で未来志向で働いて頂くために、
「数値目標を達成する理由の共有」=「ミッションの共有」を従業員全員で行い、
 
企業全体のミッションから1事業のプロセスKPIまで一本の筋を通していくことが必要です。
担当者
春日 大輝

関西学院大学卒業後、大手食品メーカーに入社。
食品メーカーでは量販店担当の営業マンとして現場の最前線で活躍。船井総研に転職後は食に関する企業の支援に徹底的にこだわり、20社を超える支援やプロジェクトに加わり成果を上げる。宅配・ケータリング業を専門としてからも、「答えは現場にしかない」というポリシーの下、徹底的に現場レベルの具体的な提案にこだわり続ける異色のコンサルタント。自分で現場に足を運んで得た生々しい事例を基に構築した戦闘レベルの提案に、船井流のマーケティング戦略を掛け合わせたユニークな提案には定評がある。

記事を見る
その他おすすめの記事