地方の小さな酒蔵が利益6倍、安定成長へチェンジ! | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2017/5/22

地方の小さな酒蔵が利益6倍、安定成長へチェンジ!

地方の小さな酒蔵が利益6倍、安定成長へチェンジ!
秋田県で昔ながらの製法でお酒を造っている、比較的小規模な酒蔵、福乃友酒造様。
 
「年々減少し、伸びる兆しも見えない売上、しかも、利益の取れない卸中心のため厳しい経営体質……。地方の食品製造業共通の悩みに私もぶつかっていました。
 
メーカーから消費者への直接販売は業界的にもタブーとされる中、利益率が高く、対象商圏も大きい「直販・通販」へのチャレンジを決めました。直販比率30%化を目指して……。
 
設備投資はできない、人員もそのまま「何をどう始めたらよいか分からない状態からのスタートでした。」(一星社長談)
 
あらゆる商品の市場が縮小し、人口減少を迎えている今、売上拡大路線は無理があります。
その様な状況下では、「売上は横バイでも利益率を上げながらの安定的に成長したい」
とお考えの経営者様が、特に地方企業には多いのではないでしょうか。

 
本日ご紹介させていただく福乃友酒造様も同様でした。

「利益率を上げながらの安定的に成長する」ことができた方法

では実際どの様に安定的な成長を続けることができるのか・・・
答えはズバリ
 
『直販比率30%化』
 
です。
 
既存の卸部門や製造体制など、諸条件をバランスよくクリアし、“企業規模や社員数もほぼ変わらずに”利益を得られるのが直販事業の参入、それも企業規模の30%です。
 
僅か30%と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、卸主体の企業にとっては直販事業参入そのものが高いハードルに映ります。
 
実際、様々な問題も出てきますが、福乃友酒造様はひとつずつクリアし、直販比率30%化、利益率6倍を実現しました。
 
どの様な想いで取り組み、何をし、そしてこれからどこに向かっていくのか、経営者としての「きれいごとなし」のお話を、来る6月2日、
食品メーカーのための直販強化セミナー
【東京会場】 2017年6月2日(金) 13:00~16:50(受付12:30~)
(株)船井総合研究所 芝セミナープレイス
〒105-0014 東京都港区芝3-4-11 芝シティビル

にてご講演いただきます。
 
いわゆる「あり方」だけではなく、具体的な戦闘レベルの事例・ノウハウも満載です。
醸造業だけではなく、地方の中小食品メーカーの経営者の方はもちろん、通販担当者、社員様、皆様の心に刺さり、かつ、すぐにお役に立てるセミナーです。
 
少しでもご興味を持たれた方は、まずはこちらより、一星社長の渾身のレポートをお読みください!
お待ちしています!
 
食品メーカーのための直販強化セミナー
ページ中ほどより、レポートがダウンロードできます。

担当者
チームリーダー/チーフ経営コンサルタント
中野 一平

これまで500 以上の様々な食品や蔵の直販・通販事例に携わり、四季を通じたイベント、固定客化、名簿収集活動、蔵祭りなどで実績を上げている。蔵祭り・工場祭などの実績は船井総研でもトップクラス。
あらゆる規模の仕掛けを成功させている。
自身も販売士2 級の資格を有する。
 
「前向きに実行すれば必ず結果はついてきます」

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事