間接経費を減らして、原価と人件費へ | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/5/22

パーソナル共通サプライズで継続率アップ

株式会社船井総合研究所  半澤 広基

パーソナル共通サプライズで継続率アップ
皆様こんにちは、いつもありがとうございます。
半澤です。
 
昨今、様々な商品サービスが世の中にあふれかえっています。
その中でもなぜか、このお店に行ってしまう、などの経験があるかと思います。
いわゆるいきつけのお店です。
 
私もいきつけの定食屋があるのですが、いく度に、なんてことないひじき煮やきりぼし大根など「これ食べな!」といった感じで勝手に出てくるのです。
 
もちろん上記のようなことは少し馴染みの方には平等に行っているような気もします。
 
何を言いたいのかというと、
給食業は、弁当などの食事を作り届けるという商売なので、待ち遠しくなるような給食会社になることが、より長くお客様と関係を持て、業績が安定していくことになると思うのです。
 
一言で言えば1人1人に定期的な幸せや楽しさを与えることなのではないでしょうか。
パーソナル共通サプライズ」とでもいえるのではないでしょうか。
 
そのような会社になるための取り組みとして、試行錯誤の上実施している企業ももちろんあります。
 
個人でお弁当を取っている方に、契約3ヶ月、半年などタイミングを決め、そのタイミングでお弁当と一緒に社長が好きな「明石の岩のりの佃煮」「信州おかず味噌」を共通でプレゼントしているのです。

ポイントは「皆様へ」ではなく「貴方へ」

ここでのポイントは、あえて「皆様へプレゼントしています」などとは言わず、「いつもありがとうございます。●●さんへ感謝の気持ちです」と伝えることではないでしょうか。
 
本当は全てのお客様へ定期的に実施していても、あなたのためにが重要なのです。
 
もちろんそれだけではなく、日々の誠実な対応があってのことですが、より1人1人に対して対応していることが伝わる共通の幸せを与えることが出来ることを考えてみてはいかがでしょうか。
 
数字は後からついてくることでしょう。
担当者
半澤 広基

介護給食ビジネス専門のコンサルタント。
 
弁当給食会社のみならず、食材卸業からの異業種参入など、新規事業立ち上げの成功事例を数多く持つ。「ゼロからの参入で1年で月商1,200万円、営業利益率10%付加」など、即時業績向上が得意。
 
中でもwebマーケティングに関するノウハウは、船井総研内でもトップクラスの実力者。専門業者をも圧倒する程のweb知識を駆使して、「売上・利益に直結する地域一番webサイトづくり」を武器に、全国各地のクライアントの業績アップを支援している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事