菓子店のベーカリー付加による売上アップ | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

スイーツ
2017/5/01

菓子店のベーカリー付加による売上アップ

菓子店のベーカリー付加による売上アップ
売上 = MS × 商圏人口 × シェア
※MS(マーケットサイズ)とは、業態に対する年間の一人あたりの消費金額

 
こちらは船井総研で良く使用する売上の公式で、
売上アップをする順番としては
 

1.商圏内でのシェアを高める
2.商圏内人口を増やす
3.MSを増やす

 
というのが定石です。
 
ただ、人口減少している地域が多い中で、
シェアを高めても売上が上がらない、
そして、商圏内の人口を増やしきれないといった現状があるかと思います。
 
そのような中で、最近見かけるのが、
菓子店にベーカリーを併設し、MSを増やして売上を伸ばしている企業様です。

ベーカリー併設で売上を伸ばす

そんなベーカリー併設で売上を上手く作られているのが、福岡県八女市に本店を構える隆勝堂です。
 
当時、菓子だけの販売だけをしていた店舗で約1億円の売上だったが、
ベーカリーを併設して、菓子店は約1億2000万円、
ベーカリーは約8000万円と1店舗で2億円ほどの売上まで作られています。
 
ベーカリー併設のポイントは、「販促費をかけずに来店頻度が増える」ことです。
なぜなら、日常食品であるベーカリーは、来店頻度が菓子店よりも多く、年間の平均購買頻度でも倍以上あります。
 
そのため、ベーカリーを菓子店と同一店舗、もしくは同一敷地内で展開することによって、となりにある菓子店へのついで寄りで、販促費をかけずに来店頻度を高めていくことができます。
 
そんな、ベーカリー併設型菓子店の事例でご紹介した隆勝堂の店舗視察と代表取締役の山口氏のご講演を聴講いただける機会を船井総研でご用意しております。

残席わずか!毎年人気の菓子繁盛店視察ツアー5月29日・30日 IN福岡・熊本

毎年満員御礼の人気企画の菓子繁盛店視察ツアー。
 
今年のテーマは「新たな事業ドメイン」として、福岡・熊本エリアで既存事業はもちろん、新たな事業ドメイン開発を積極的に行っている企業を視察します。
 
今回ご紹介した菓子店のベーカリー付加での成功企業である隆勝堂のほかにも以下の企業を視察いたします。
  • 単店で4億超を売り上げる大繁盛菓子店
  • 観光市場へ参入し年商30億企業へ成長した如水庵
  • 営業利益10%以上を達成する驚異のベーカリー店
  • 今年4月に土産店が観光菓子マーケットに参入した単品スイーツ専門店

こちらは、スイーツビジネス研究会会員様を優先的にご案内しており、
一般募集は残り残席わずかとなっております。
 
お申込みは以下から
菓子繁盛店視察ツアー5月29日・30日 IN福岡・熊本
スイーツビジネス研究会会員様は、本視察ツアーを無料で参加可能です。
 
全国の前向き経営者が集まるスイーツビジネス研究会にご興味のある方は、こちらをご覧ください。
スイーツビジネス研究会
各社1回に限りお試し参加無料受付中です。
(視察ツアーへのお試し参加はできません)
担当者
川村 諒志

愛知県出身。大学卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。
入社後は、食品業界のコンサルティングを行い、中でもWEBプロモーション戦略に強みを持ち、
日々業績向上に努める。現在は食の観光マーケットにおける新規業態の開発や商品開発のサ
ポートを行っている。その中で、全国各地の観光地の現場に調査に赴く回数は全社でも随一で、
最新の観光マーケット動向や事例の収集に努めている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事