これからの時代に合わせた固定客化とは? | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2017/4/26

コラム:これからの時代に合わせた固定客化とは?

コラム:これからの時代に合わせた固定客化とは?

皆様こんにちは
船井総研の東です。
 
今回はスマホ時代に合わせた固定客化として「LINE@」の活用を紹介します。

3回安定、10回固定の法則

船井総研には、『3回安定、10回固定の法則』という言葉があります。
 
3回来店したらそのお客様は自店を安定的に利用していただけ、
10回来店したら自店のファンになるという法則です。
つまり、『3回の壁』と『10回の壁』如何に超えるかによって時点の固定客に大きく影響します。
 
では、この壁を超えるために皆様はどのようなことをしていますか?
 
多くの方はメルマガをしていると思います。
しかし、今の人はスマホでメールを開いているでしょうか?
今の主な連絡手段として、LINEがあります。
 
LINEは国内人口の45.7%が使用しており、生活の一部として欠かせないツールとなっています。
この生活に溶け込んだLINEと固定客化を結びつけることで、
よりお客様に近い固定客化を実践することができます。
 
そこでLINEを活用した『LINE@』を紹介します。

LINE@の特徴

  • 親しいコミュニケーションに特化したツール
  • 「友達」になってくれた人に、一方的に情報を発信する
  • 手軽にクーポンを作成することが出来る
  • 開封数などの効果測定をすることが出来る
    →メルマガよりコミュニケーションに適している

メルマガの開封率は一般的に3%と言われています。
しかし、我々のご支援をさせていただいている菓子店では、LINE@開封率は20%でした。
 
それもそのはずです。思い返してみて下さい。
LINEを入れている人は、メールの起動回数よりも、LINEの起動回数のほうが多いのではないでしょうか?
 
この生活の中に溶け込んだLINEは固定客化とても効果的となっています。
今の時代に合わせた固定客化を実践してみて下さい。
 
今後LINE@実践方法も配信しますので、お楽しみ下さい。
担当者
東 貴一郎

和歌山大学卒業後、新卒で船井総研に入社。入社後、食関連業界・福祉業界に従事し、収益性と社会性を両立する経営をサポートしていた。チラシ作成やマニュアル作成、市場調査、採用など現場レベルのサポートによる即時業績アップに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事