お土産売場にも春がやってきた | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

製菓
2016/3/29
お土産売場にも春がやってきた
お土産売場にも春がやってきた

皆さんは最近駅やSAのお土産売場が進化を遂げていることを感じておられますか。百貨店は季節ごとにショーウィン ドー「が入れ替わり、売場から季節感を感じることができます。街のスーパーでさえ、季節に合わせた催事棚が展開さ れます。一方でお土産売場は季節感はなく、年中同じ商品が並んでいました。しかし、最近では季節に合わせた商品を 展開する売場が目立ちます。特にこの春は苺や桜など、赤やピンクで彩られた売場が一等立地で展開され、売場に彩を 加えています。これは売場側が進化したというより、提案するメーカー・卸会社の進歩と言えるでしょう。これまで一 等立地は定番商品または販促費を多くかけなければ開拓できませんでしたが、季節感などの提案力を強化することで、 これまで開拓できなかった企業にもチャンスが出てきました。お土産市場は消費者の嗜好が変わり、売場・メーカー側 も変化が求められます。この変革期をチャンスと捉え、商品力・提案力に磨きをかけましょう。

担当者
経営コンサルタント
田中 渉

菓子店専門コンサルタント。和菓子店、洋菓子店、併売店、その他各種菓子店に関わるコンサルティングに10年以上携わる。現場にしか答えはないという信念から、少しでも気になることがあると現場に出かけていきルール化を行う。現場から得られた数々の具体的、実践的なノウハウに対する顧客の信頼は厚い。

記事を見る
その他おすすめの記事