原価高騰、人手不足に負けない惣菜店の作り方 | 船井総研 フードビジネス支援部

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/4/24

原価高騰、人手不足に負けない惣菜店の作り方

株式会社船井総合研究所 チームリーダー / チーフ経営コンサルタント 小林 耕平

原価高騰、人手不足に負けない惣菜店の作り方

皆様こんにちは、船井総研の小林です。
 
とある支援先では、
2年前まで最大年間2,000万円の赤字を出すような、
典型的な低利益惣菜店でした。
 
それが今では営業利益率35%と、
県内でもトップクラスの収益性を誇る会社に成長しました。
 
成功の秘密はシンプルで、儲からない事業から撤退し、
収益性の高い事業へと専門特化したことでした。
 
取り組みのステップは以下の通りです。
 

Step1) 高利益型の弁当宅配事業に参入
→参入初年度で営業利益額1,500万円の付加に成功
 
Step2) 宅配専門店化と脱・惣菜店舗
→収益性の悪い惣菜路面店や百貨店店舗、弁当の卸事業から撤退し宅配専門店化。
より小型の製造拠点を製造し移転することで固定費大幅減。
 
Step3) 事前調理の仕組み導入
→より少数人員でスケールするために、クックチルの導入など調理の生産性アップに挑戦。
これまでの半分以下の人員で、売上1.7倍強を運営。営業利益率は最大35%に。

 
人手不足による採用難でスケールできない...
原価は高騰し低利益体質から抜け出せない...
オーバーストア状態で新規獲得は見込めない...
 
今、全国の惣菜店やスーパーの経営者がお持ちになっている不安や悩みは、
ほんの2年前までこの支援先でも抱えていた不安や悩みと同じです。
 
それが今ではお金に関する悩みが一切消え、
いかに業績を伸ばすことができるか、
いかにお客様に満足してもらうことができるか、
それだけに集中して経営することができています。
 
この奇跡のV字回復を成し遂げた秘密を、
特別に以下からご覧頂くことが可能です。

↓↓↓↓↓↓ セミナー案内 & 無料レポートダウンロード ↓↓↓↓↓↓
何故、年間2,000万円の赤字だった惣菜店が、
高粗利弁当宅配で、営業利益率35%のドル箱店舗に変貌を遂げることができたのか?


業績が伸ばし辛い今だからこそ、
徹底的に絞り込み、専門特化する、
そんな経営も検討してみてはいかがでしょうか?

担当者
チームリーダー / チーフ経営コンサルタント
小林 耕平

入社後30業種以上のコンサルティングに携わった後、宅配・ケータリング業や惣菜業・テイクアウトなどの中食領域のコンサルティングに従事。現在、50名近いフードビジネス支援部のなかでもトップクラスの支援企業数、支援先業績アップ実績を持ち、部内最速で中食部門のチームリーダー及びチーフ経営コンサルタントに昇格。赤字企業のV字回復に向けた即時業績アップから、年商数十億、数百億円企業の次代の戦略作りまで、成功確度の高いコンサルティングには定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事