行列は当たりまえ!菓子店の集客の新たな勝ちパターン | 飲食店経営や、外食・製菓・宅配・給食などの飲食コンサルタント・食品コンサルタントなら船井総合研究所

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

スイーツ
食品
2017/3/29
行列は当たりまえ!菓子店の集客の新たな勝ちパターン
行列は当たりまえ!菓子店の集客の新たな勝ちパターン

2016年・2017年、好調な菓子店のやっていることは
「写真映えする商品×SNS利用」に尽きると言えます。
 
2015年にオープンした奈良県のプリン専門店「大仏プリン」の本店は、
週末になると購入するまで1時間待ちの行列が当たり前のような状況になっています。
 
立地は奈良の中心地から車で10分ほど、周りは田畑に囲まれており決して良い立地とは言えません。
奈良市内には駅ナカ店も含めてこの本店以外に5店舗ありますが、
お客さまは本店にわざわざ訪れる。
 
この理由は
・本店限定のSNS映えする商品
・店内にフォトスポットを設けている

 

SNSで見た写真と同じように
自分も写真を撮ってSNSにUPしたいというお客様の心理と相まって、
SNSの投稿や口コミが拡散し、数珠つなぎ的に集客のサイクルとなっているのです。
 
シンプルですが、行列をつくっている店舗の共通項は「写真映えする商品×SNS利用の促進」です。
 

実際、この菓子店の行列に並んでいるお客様の主な年代層は20代が中心です。
並んでいる待ち時間に、Twitterなどで行列の様子を投稿しています。
 

SNS映えする商品の特徴は、
① 大きさ・高さでのインパクト
② 1番商品×定番商品

 
です。
この菓子店の事例では、通常は80mlほどのプリンに加え、
500mlの見た目にインパクトのある商品を付加しています。
 
また、一番商品のプリンそのものをソフトクリームに入れた
本店限定のプリンソフトクリームがSNSに多く投稿されています。
 

決して難しいことではなく非常にシンプルです。
 

今の時代の集客の必勝パターンですので、
ぜひ皆様の店舗の強みを活かしたSNS映えする商品をつくり
集客につなげていただけますと幸いです。
 

今回紹介した事例店舗:大仏プリン

担当者
チームリーダー チーフ経営コンサルタント
横山 玟洙

船井総研入社後、食品メーカー・小売店のコンサルティングに従事。船井流の食品小売のノウハウを活かし、小売店の活性化はもとより、メーカー・卸の直販事業強化や6次産業化を専門にコンサルティングを行っています。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事