収益性の高い精肉店の出張BBQ | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/3/24

収益性の高い精肉店の出張BBQ

収益性の高い精肉店の出張BBQ

精肉店でも、デリバリー事業が成り立ちます。
実際に参入された企業様がありますが、
非常に収益性の高いビジネスモデルで展開しています。
 
どんなデリバリー事業かと言うと、
出張バーベキューです。
 
コンロやテーブル、椅子等のレンタル備品もサービス内容に含まれるため、
初期費用はパーティーケータリングと同等程、必要になります。
 
しかしながら、
商品原価と人件費が弁当やケータリングのそれと比べると相当低いものになっています。
 
商品原価率   :20%~25%
製造・配送人件費:20%
 
集客に関しては、WEBサイト一つ、あとは店舗で告知するフライヤーがあれば十分です。
営業利益で、50%近く残ります。
 
デメリットは、
・季節指数が高いこと
・精肉の衛星管理
・機材関係の初期費用と保管
といったところです。
 
春になり、だんだんと注文も増えてきています。
WEBサイトの注文を見ていると、1日1件以上は必ず問い合わせ及び注文が入っているようです。
 
これから夏場にかけて、需要が膨らむと思いますが、
一つのチャンスと捉えたいですね。

担当者
マーケティングコンサルタント
船越 良

新卒で入社以来、船井総研で飲食仕出し・宅配専門にコンサルティングを行なっている。
飲食店、仕出し会社、給食会社などに年間300日以上お伺いし、現場で即時業績アップする立上げと活性化をサポートしている。勉強会組織、『ケータリング・宅配研究会』を運営。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事