マスメディア露出を増やし新商品の話題性創出【WEB・マスメディア・SNS活用】 | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

食品
2017/3/22

マスメディア露出を増やし新商品の話題性創出【WEB・マスメディア・SNS活用】

マスメディア露出を増やし新商品の話題性創出【WEB・マスメディア・SNS活用】

こんにちは。フードビジネス支援部の中渕です。
私は食品メーカーにおける消費者直販のコンサルティングをしております。
 
新商品開発時のローンチにおきまして、大きく
 
1.WEBニュースリリースにおける情報の拡散
2.マスメディア向け商品お披露目会によるメディア露出

 
を実施しております。
また露出からの受け皿としてネット通販サイトのランディングページを整備します。
 
1のWEBニュースリリースでは、
近年、まとめサイトなどで記事を執筆している個人のキュレーターが
WEBニュースリリース(アットプレスなど)を情報源としてさらに記事を執筆し、
通販サイトへの参照元流入が増えることにより売上へと結びつきます。
とある醸造業の通販サイトでは、昨年対比売上が4倍にも伸びました。
 
2のマスメディア向け商品お披露目会では、
地元の有力組合(観光組合、商工会、JAなど)と組み、試食会型記者会見を実施します。
こちらも企業、地域によりますが、平均して5~6社程度の有力マスメディアに取り上げられ、
そこから通販売上、さらには卸先開拓につながっています。
 
有料販促の費用対効果が逓減している中、ローコストPRにおける活用事例が増えてきています。
詳細はこちらの無料冊子をご覧いただき、是非とも実施いただければと思います。
 

■ 無料ダウンロード
食品メーカー直売品・観光物産店・道の駅・観光農園のための
「メディア活用ガイドブック」

 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

本記事のお問い合わせは、中渕(ナカブチ)までご連絡ください。
rnakabuchi@funaisoken.co.jp
 

担当者
チーフ経営コンサルタント
中渕 綾

同志社大学経済学部卒業後、株式会社船井総合研究所に入社。入社以来BtoB営業、飲食店、食品製造業、WEB、設備工場などのコンサルティングを経て、現在は食品製造業のコンサルティングをメインに全国を飛び回っている。主に酒・味噌・醤油など醸造業における業績UPを得意とし、指導開始3か月以内に結果を出すことにコミットしている。WEB制作会社、広告代理店、PR会社、海外販路拡大、レシピ開発、補助金・助成金取得など提携パートナーとの連携を深めているため、食品製造業の経営課題をワンストップで解決することが可能である。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事