商圏設定と配送効率 | 日本最大規模の飲食業・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」の情報発信サイト

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2017/3/15

商圏設定と配送効率

商圏設定と配送効率

皆様こんにちは。船井総研の半澤です。
本日は、細かなことではありません。心構えのような内容をお伝えしようと思います。
 
いきなりですが、企業が優先しなくてはいけない3つのことをまず順番にお伝えすると、
 
①収益性の追求
②教育性の追求
③社会性の追求

 
です。
これは弊社創業者の船井幸雄の言葉でもあります。
収益の追求が給食業においても何より優先しなくてはいけないということです。
 
この業界は、平均の営業利益で、2~3%ほどと言われ、5%を越える企業は業界では
優良企業と言われています。
しかし、これは、業界に長くいる皆様自身が勝手にそれが優良だというバーを
設定してしまっていることに問題があるように思います。
 
日々給食会社様のご支援をさせていただき、
売上、原価、人件費、経費など様々なPL項目をなしている現在の事業内容を一つ一つ
細かく見て、その一つ一つを最適化していくと、赤字ということはまずなく、
営業利益率自体も10%を普通の目標に出来るということです。
 
業界の通説に流されず、一つ一つ着実に事業内容を最適化させ、
人材への投資や地場への貢献が出来る企業が1社でも多く出ることを
これからも応援していこうと思います。

担当者
半澤 広基

介護給食ビジネス専門のコンサルタント。
 
弁当給食会社のみならず、食材卸業からの異業種参入など、新規事業立ち上げの成功事例を数多く持つ。「ゼロからの参入で1年で月商1,200万円、営業利益率10%付加」など、即時業績向上が得意。
 
中でもwebマーケティングに関するノウハウは、船井総研内でもトップクラスの実力者。専門業者をも圧倒する程のweb知識を駆使して、「売上・利益に直結する地域一番webサイトづくり」を武器に、全国各地のクライアントの業績アップを支援している。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事