高齢者向け弁当宅配の効果的なチラシ販促術② | 船井総研フードビジネス支援部は、飲食店、食品・菓子販売、宅配・給食業の経営相談・セミナーを行っています。

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

給食
2017/3/06

高齢者向け弁当宅配の効果的なチラシ販促術②

高齢者向け弁当宅配の効果的なチラシ販促術②

船井総研 給食ユニットの 井上です。

 

前回は「高齢者向け弁当宅配の売上アップの方法」について触れました。
http://funai-food-business.com/column/1778/
今回も前回に続き、
「高齢者向け弁当宅配の効果的なチラシ販促術②」についてお話していきます。
 
新規獲得における一番初めの効果的な販促術、
『チラシ販促の中身』については前回にお伝えしたポイントでご理解頂けたかと思います。
 
そこを押さえたうえで注力すべきこと、
それが今回のテーマである『チラシ販促のタイミングとエリア選定』です。
 
紙・WEBなど多種多様な媒体がある中で、
効果的かつ定期でお客様のお手元へ届けることが可能な手法が
この『チラシ』ですが、
多くの会社様が次のステップ:ポスティング(折り込み)実施で反響を出すことに壁を感じてしまっています。
 
前回お伝えしたチラシの中身で留意するべき点、
①サイズ
②写真
③献立
④お客様の声

 
の部分を押さえながらも、そのチラシ自体をしっかりとメインターゲットとなる層(高齢者)へ
届ける取り組みや工夫をしているのでしょうか?多くの会社様にこの点を伺うと、
実態は漠然とした考えと、ただただ勢いによる販促実施をしてしまっています。
そのような会社の多くは、限られた広告投資の中で効果的に売り上げを伸ばしていけず、
この事業から早期に撤退してしまう傾向にあります。
 
優れたチラシ作成は行えているのにも関わらず、
特別何も考えず勢いで販促を実施。限られた広告投資の中で思うような反響を出せず、
苦戦してしまう会社様が多く存在しているのは一体なぜなのでしょうか?

 
これには、高齢者向け弁当宅配事業における
『チラシ販促のタイミングとエリア選定』についてポイントを押さえられていないことが大きな要因です。
 
メインターゲットとなる高齢者が自社商圏内のどのエリアに多く存在しているのか。
まずはそこを押さえるとともに、販促のタイミングと実施すべき優先順位の高いエリアを選定することが重要です。
 
例えば、国勢調査や行政が発表する市町村人口と高齢化率、
それに対して市町村毎の町丁目別の人口から細かく調査ができるそれぞれの人口と高齢化率。
そこを押さえることで、高齢者がそのエリアに存在する密度を知ることができます。
 
つまり、高い効果を見込めるエリアを知り、販促実施すること。
具体的に言えば、高齢化率26%以上、または商圏内高密度順での優先的な販促活動をすることが重要なのです。

 
シンプルに、メインターゲットの高齢者が多く存在するエリアに
販促を打つ方が効率的であることはご理解頂けるとおもいます。
基本的にポスティングを行うエリアは町丁目別のような
細かい部分で配布を分けることが可能です。
 
限られた広告投資の中で、無理なく継続的に効果を出し続けるためには、
一度に販促を打つのではなく、優先度の高いエリアから販促実施すべきなのです。
 
上記は、実際に販促チラシを実施し優秀な実績をあげられている会社が実施していることです。
全国各地で業績を伸ばしている会社様は、このポイントをしっかりと押さえ、率直に実行しているのです。
 
我々船井総研の給食チームでは、この他にも優れたチラシをより効果的に配布できるように、
スムーズな高齢者人口密度調査や高効率コース設定等、
支援先が地域一番店となるように更に深くご支援することが可能です。
 
販促手法の1つであるチラシ販促のポイントをしっかりと把握し、
実施することからやり切ることが重要です。
上手くいっている事例をまず素直に受け入れ、実行することから始めてみませんか?
 
私たち給食チームは、全国各地の地場系給食会社様の事業立ち上げから、
活性化、幅広くご支援させて頂いております。
引き続き、私のコラムでは、高齢者向け弁当宅配のポイントを解説していきたいとおもいます。
 

給食業で高収益化を目指す!経営者様にオススメです

『介護施設給食で年商3.1億円、営業利益14.5%付加!シニア向け給食参入セミナー』
~「1年で月商1,000万円突破」事例、全国各地で続出中!!~
【日程】 3月28日(火)@東京会場

◆席数に限りがございます!◆
↓↓↓お申し込み、詳しい内容についてはこちら↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/015660.html
担当者
井上 裕基

高齢者個人宅、施設へ直接食品をお届けする「高齢者向けフードビジネス」に専門特化したコンサルタント。
 
大学卒業後、大手乳製品乳酸菌飲料グループに新卒で入社。宅配部門のマネージャーとして高齢者向け宅配営業、100名以上の女性スタッフマネジメントの実績と船井流経営法を掛け合わせた、独自の業績アップ手法を確立させている。
船井総研に入社後はその実績とノウハウを活かし、主の弁当給食会社だけでなく、介護施設や病院、葬儀社といった異業種参入での給食業における高齢者向けフードビジネスに専門特化して業績アップのサポートに年間365日全国各地を駆け回っている。
 
特に高齢者向け個人配食における、立ち上げから拡大までの圧倒的スピードと一貫したサポート、幹部・営業・現場配送スタッフまで徹底した営業強化支援と落とし込みを得意としている。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事