配送をせずに、効率よく商品のお渡し! | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

宅配
2017/2/27

配送をせずに、効率よく商品のお渡し!

配送をせずに、効率よく商品のお渡し!

繁忙期は配送人員が足りずに、お断りをすることが発生すると思います。

 

繁忙期の配送のために新たに人員を採用することも難しいです。
 
そこで持って行くのではなく、近隣のお客様には取りに来ていただくことで
配送の人員を削減することができます。
 
店舗をお持ちのお店では店舗で、
ない場合は受取専用窓口を作ることで受け渡しができます。
 
しかし近くだから受取に来るというお客様は少ないです。
配送効率を高めるためには、少しでも多くのお客様に取りに来ていただきたいです。
 
そのために、取りに来ていただいたお客様に割引を行います。
割引の金額は想定される配送コストの範囲内とします。
 
想定される配送コストの範囲内にすることで、
利益構造を変えずに効率を上げることができます。
 
さらに、直接受け取りで気をつけていただきたいことは、受渡し時間です。
お客様が希望する受渡し時間は、夕方に集中します。
 
受渡し時間を調整しないと、集中する時間でおまたせしてしまい
クレームの発生につながります。
 
ですので注文時に受渡し時間を予め決めておくことで
効率よく、スムーズにY家私をすることができます。
 
気をつけていただきたいことは、
事前に直接受け渡しは事前にどれだけ準備をできるかが重要になります。
 
受け渡しの商品の準備。
受け渡しの時間の準備。
事前準備を徹底することで、
効率よくスムーズに受け渡しをすることができます。
 
この機会に、直接の受け渡しを検討してみてはいかがでしょうか?
 

担当者
東 貴一郎

和歌山大学卒業後、新卒で船井総研に入社。入社後、食関連業界・福祉業界に従事し、収益性と社会性を両立する経営をサポートしていた。チラシ作成やマニュアル作成、市場調査、採用など現場レベルのサポートによる即時業績アップに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事