適切な最低注文金額を設定し、効率を改善! | 船井総研フードビジネス支援部は、飲食店、食品・菓子販売、宅配・給食業の経営相談・セミナーを行っています。

フードビジネス.com
コンサルタントコラム

宅配
2017/2/27

適切な最低注文金額を設定し、効率を改善!

適切な最低注文金額を設定し、効率を改善!

高級弁当宅配では、法人向けの割合が多く
給食業のようにルート配送でもないため、配送効率を改善するには
最低注文金額をきちんと設定することが重要になります。

 

私の支援では基本的に、都度の配送費は頂かないかわりに
エリアごとに最低注文金額を設定することを推奨しています。
 
高級弁当宅配事業では
都度配送費を頂戴するという形態をとっている会社は少なく
都度頂くことで比較検討された際に負ける可能性があるからです。
 
とはいえ配送費無料でどこでも対応するわけにもいかないので
配送費を考慮した最低注文金額を設定します。
 
その最低注文金額の設定方法ですが
高級弁当宅配事業では物流費は10%となっているため
 
パート・アルバイトの人件費を1,000円と仮定すると
片道30分圏内(往復1時間)のエリアでは、最低注文金額を10,000円と設定することで
物流費が10%以内になります。
 
他のエリアでも同様に考えて
片道15分圏内であれば5,000円、45分であれば15,000円という風に
物流費(人件費)からの逆算での設定が基本となります。
 
最低注文状況以下の注文に関しては、その日の注文状況にもよりますが
基本的に最低注文金額との差額を配送費として頂く形をとっています。
 
このように適切な最低注文金額を設定することで
効率的に配送を行うことができます。
 
この機会に一度配送費、最低注文金額を見直してみてはいかがでしょうか?
 

担当者
柳生 紘輝

入社以来、一貫して宅配・ケータリング業界を中心とした
フードビジネスのコンサルティングを経験。
現場主義をモットーとし、SEO対策やPPC広告の代行業から
HP構成企画まで戦闘レベルでの豊富な経験を活かした
WEBマーケティングでの即時業績UPに定評がある。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事