「近隣シェア」を徹底的に伸ばして収益最大化を! | 飲食店・食品ビジネスのコンサルティングチーム「船井総研フードビジネス支援部」による情報発信サイト

経営コンサルティングの船井総研 フードビジネス支援部
コンサルタントコラム

給食
2017/2/15

「近隣シェア」を徹底的に伸ばして収益最大化を!

「近隣シェア」を徹底的に伸ばして収益最大化を!

私が専門とする給食業では「ルート配送」が基本です。
つまり、ほぼ毎日
同じスタッフが、同じような道を通りながら配っていく訳ですね。

 

「目安とする配送費率」は業態によって多少前後しますが
基本的に10%前後の経費がかかります。
 
つまり、何が言いたいかというと
毎日の積み重ねであり、かつ経費の比重として決して小さくない
この「配送費」をいかに圧縮できるか?は
会社の収益化づくりのためには欠かせないテーマの一つです。
 
では、どうすれば配送効率を上げられるか?
 
結局、最大のポイントは「いかに顧客開拓するか?」
ここに着地するというのが我々の結論です。
 
同じエリアの中でいかに多く売上をつくれるか?
 
さらに言うなら、そのエリアをいかに凝縮させられるか?
 
という2点につきます。
 
逆に言うならば
「必要以上にエリアが広く」「顧客密度が薄い」と
配送効率は、当然ながら悪くなります。
 
なので
拠点から極力近いエリア内で、着々と顧客数を増やしていければきちんと儲かります。
 
特に個人宅向けの弁当宅配業等は
この「配送効率アップ」がものすごく重要で
 
よくある失敗・撤退パターンは
「顧客が散らばりすぎた」「思うように顧客が増えなかった」
 
おおよそこういった原因にあるようです。
 
これを改善・攻略していくには
「いかに上手に顧客開拓をして、損益分岐を早く超えるか?」です。
 
細かい話は色々ありますが、
まずはちゃんと効率的な顧客開拓ができているか?
配送効率が気になる方は、自社の足元の現状を見直してみてください。
 

担当者
マーケティングコンサルタント
吉澤 恒明

近年急成長市場となっている「シニア向けフードビジネス」専門コンサルタント。
 
DMやWEBを駆使したダイレクトマーケティングモデルで、クライアントに対して年間数億円規模の業績アップに貢献。特に、新規事業参入案件の数は過去50件以上。
 
ゼロからの事業戦略構築から計画策定、営業、スキーム構築、販促ツール作成、営業マン強化など、立ち上げから実行、展開までを全面的に支援するのが得意。
 
「おいしい『食』を提供する強い企業づくり」を目指し、年間300日以上をクライアントの支援や行脚に費やす。

このコンサルタントに相談する
記事を見る
その他おすすめの記事